ヴィオラソナタ (ショスタコーヴィチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィオラソナタ 作品147は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチの最後の作品。ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲の多くを初演した、ベートーヴェン弦楽四重奏団の第2代ヴィオラ奏者フョードル・ドルジーニンのために作曲された。

概要[編集]

ショスタコーヴィチの音楽には暗く重いものが多いが、その中でも死の直前に作曲されたこともあり、特に暗い雰囲気を持つ曲である。のみならず、他の曲から音形を引用するなど、より謎めいた雰囲気も持っている。

作曲者の亡くなる4日前である1975年8月5日に最終校訂を完了した。ただし、全曲はそれより2ヶ月ほど前に完成し、初演者のドルジーニンとミハイル・ムンチャンは初演に向けて練習を始めていた。作曲者はドルジーニンに「この作品は晴れ晴れとしたもので、第一楽章は短編小説。第2楽章はスケルツォ、第3楽章はベートーベン追悼のオマージュとなるが、あまり惑わされないようにしてくれ。」と前もって電話で内容と構成について話していた。

初演は作曲者の没後約2ヶ月を経て1975年10月1日レニングラードグリンカホールにて、フョードル・ドルジーニンのヴィオラ、ミハイル・ムンチャンのピアノにより行われた。ドルジーニンはその時の模様を以下のように述べている。「催眠術のような強い作用を聴衆に及ぼした。ホールで唯一の空席であるドミトリー・ドミトリエノヴィッチの席には花束が置かれ、そこから遠くない場所に、エフゲニー・アレクサンドロヴィッチ・ムラヴィンスキーが、私の妻と並んで座っていた。・・・ムラヴィンスキーはまるで子供のように、止めどなく涙を流していたが、ソナタが終わりに近づくにつれて、文字どおり慟哭に身を震わせていた。・・・舞台の上と聴衆の心の中で生じたことは、音楽の範疇を超えていた。われわれが演奏を終えたとき、私は、ソナタの楽譜を頭上に高く掲げた。聴衆の喝采を残らずその作曲者に捧げるために。」[1]

曲の構成[編集]

ハ長調で3つの楽章から構成される。演奏時間は約30分。

編成[編集]

ヴィオラピアノ

脚注[編集]

  1. ^ 千葉潤 『ショスタコーヴィチ』 音楽之友社、2005年 ISBN 4-276-22193-5 177頁。
  2. ^ ヨゼフ・スーク ショスタコーヴィチ/ヴィオラソナタ、ベルリオーズ/イタリアのハロルド CDブックレット(日本コロムビア、25CO-3194(リイシュー:COCO-73186) 執筆者:関根日出男)