ヴァーノン・リード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァーノン・リード

ヴァーノン・リードVernon Reid1958年8月22日 - )は、イギリスギタリストソングライター作曲家そしてバンドリーダーリヴィング・カラーのギタリスト。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第66位、2011年の改訂版では削除された。

略歴[編集]

カリブ海トリニダード・トバゴの移民である両親のもとイングランドロンドンに生まれ、アメリカ合衆国アメリカへと移住する。子供の頃に自己防衛の為に空手を習い、また音楽に興味を持ちギタリストとなる。

1979年ベーシストメルヴィン・ギブスとともにオーネット・コールマンのグループのドラマーであったロナルド・シャノン・ジャクソンのグループ、デコーディング・ソサイアティーに参加し、在籍中に3枚のアルバムを残す。同時期の1980年頃にジョー・ボウイーデファンクトのメンバーとしても活動する。

1985年にブラック・ロック・コーリューションをジャーナリストのグレッグ・テイトと設立。24/7スパイズやマイケル・ヒルズを紹介している。

リヴィング・カラー[編集]

1983年頃に最初の青写真を描き、メンバーを揃えて1988年ミック・ジャガーの推薦もありエピック・レコードからデビューを果たす。リヴィング・カラーの活動は1995年頃に活動を休止し、2000年以降、再結成、現在活動している。

ソロ活動[編集]

1984年にビル・フリーゼルとの連名のアルバム『Smash & Scatteration』を制作しギター以外にバンジョーを演奏、メルヴィン・ギブスのアルバム『MG』に参加、1987年にはレコーディング・アーティストとしてパブリック・エナミーやミック・ジャガーのアルバム『プリミティヴ・クール』に参加している。リヴィング・カラー在籍中に評判を呼び、サンタナジャック・ブルースのアルバムやアンビシャス・ラヴァーズジャマラディーン・タクマジャック・ディジョネットのアルバムに録音を残している。リヴィング・カラーの活動休止後の1996年にはソロ名義のアルバム『Mistaken Identity』を高木完やDJ.ロジック、プリンス・ポール、ボム・スカッドなどをゲストにテオ・マセロの制作で発表した。

セッション・プレイヤーとしてだけではなくプロデューサーとしてサリフ・ケイタ1999年の作品『Papa』をグラミー賞のノミネイト作品に仕上げたり、ジェームズ・ブラッド・ウルマーの作品を制作した。

2001年からはジャック・ブルースのクイーカランド・エキスプレスのバンド・メンバーとして2002年まで在籍、アルバムも録音したほか、2003年からはDJ.ロジックとのヨヒンベ・ブラザースを結成。アルバムを2枚制作する。

また自身のグループ、ヴァーノン・リード・アンド・マスク名義でスティーヴ・ヴァイのレーベル、フェイヴァード・ネイションから2枚のアルバムを発表している。

2007年からはジャマラディーン・タクマとグラント・カルヴィン・ウエストンとのF4、即興音楽のトリオ『Free Form Funky Freqs』を結成して活動している。

ディスコグラフィー[編集]

ヴァーノン・リード
ヨヒンベ・ブラザース
  • Front End Lifter (2002年, Rope a Dope)
  • The Tao of Yo (2004年, Thirsty Ears)
フリー・フォーム・ファンキー・フリークス
  • Urban Mythology Volume 1. (2008年, Thirsty Ears)
ジャック・ブルース