ヴァージニア・ラッペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァージニア・ラッペ
Virginia Rappe
ヴァージニア・ラッペVirginia Rappe
生年月日 1891年7月7日
没年月日 1921年9月9日(満30歳没)
出生地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ヴァージニア・ラッペVirginia Rappe, 1891年7月7日 - 1921年9月9日)は、アメリカ合衆国サイレント映画時代に活動した女優ニューヨーク州ニューヨーク出身。

当初、伝えられたところによると喜劇役者のロスコー・アーバックルによって強姦された挙句、膀胱破裂に起因する腹膜炎により死亡したとされる。しかしながら、複数の目撃者による情報が矛盾するなど、真実は明らかになっていない。アーバックルは起訴されたものの、無罪になった。「ラップ」と表記されることが多いが、発音を含め、正しくは「ラッペ」である。

経歴[編集]

14歳の時、シカゴモデルとして活動を始めたが、1916年に映画進出のためにロサンゼルスへ移った。1917年の春には女優として働くようになり、1919年には映画監督ヘンリー・レアマンと恋愛関係に発展した。レアマンの作品には4本出演した。

1921年9月5日、サンフランシスコの高級ホテルにおいてロスコー・アーバックルが主催するパーティに参加したときに事件は起こった。前述の通り、当初、伝えられたところによると、アーバックルの性的暴行によって彼女の身体に何らかの症状が生じたとされる。そして9月9日、膀胱破裂に起因する腹膜炎で死亡した。30歳。パーティには数多くの人間が参加していたが、同時に警察の聴取に対して多くの矛盾が生じた。

メディアは瞬く間に事件を大きく取り上げ、映画業界の醜聞として大きく報じることになった。当時の噂では、アーバックルにコーラを局部に挿入されたというものや、事件以前から男性との関係を多く重ねていた彼女の度重なる妊娠中絶淋病などによる合併症を原因にするものもあった。

アーバックルは起訴されたが、その後の公判によって無罪を勝ち得ている。しかしながらスキャンダルの影響は大きく、当時人気絶頂だった彼の人気は完全に消え去る結果となり、表舞台に復帰することはなかった。現在でも「映画界の汚点」という見方や、逆に「映画界の被害者(過小評価されている)」という見方が乱立している。事件においても長く検証がなされてきたが、やはり真相解明には至っていない。

外部リンク[編集]