ヴァーシャーリ・タマーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、ヨーロッパ風にタマーシュ・ヴァーシャリと表記することもあります。

ヴァーシャーリ・タマーシュVásáry Tamás, 1933年8月11日 - )は、スイス国籍を持つハンガリー出身のピアニスト指揮者

ブダペストリスト音楽アカデミーエルンスト・フォン・ドホナーニらに師事し、その後は母校でコダーイ・ゾルターンの助手を務める。コダーイからスタインウェイグランドピアノを贈られた。1948年にブダペストのリスト国際コンクールに優勝するが、1956年にハンガリーを出国してスイスに落ち着き、1960年1961年に、西欧の主要な都市でデビューを果たす。それからロンドンに定住している。ピアニストとして、ロマン派音楽を中心に、ドイツ・グラモフォン・レーベルに数多くの録音を残しており、とりわけラフマニノフのピアノ協奏曲の全曲録音が名高い。

近年は、ノーザン・シンフォニアの音楽監督や、ボーンマス・シンフォニエッタの首席指揮者に就任し、その他のイギリスアメリカ合衆国オーケストラにもピアニストや指揮者として共演している。また、ハンガリーに里帰りして、ブダペスト交響楽団ベートーヴェンシューベルト交響曲の全曲録音に取り組み始め、注目を集めている。特にベートーヴェン交響曲第7番は史上最速とも言われるスピードで、フィナーレを正味6分で仕上げている。