ヴァレリー・ペクレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァレリー・ペクレス

ヴァレリー・ペクレス(Valérie Pécresse、1967年7月14日 - )は、フランス政治家ヌイイ=シュル=セーヌ出身。2002年からイヴリーヌ県選出の下院国民議会議員。 フランソワ・フィヨン内閣の高等教育・研究大臣。フィヨン内閣では最年少の39歳。二男一女の母。

父親はボローレ・テレコムの社長を務めたドミニク・ルー (Dominique Roux)。HEC経営大学院HEC School of Management)とフランス国立行政学院ENA)を卒業後、国務院コンセイユ・デタ)に勤務する。1998年大統領府に入り、ジャック・シラク大統領の演説原稿の起草を担当する。

2002年下院総選挙に国民運動連合から立候補し初当選。2004年からは、イル=ド=フランス地域圏議会議員に選出されたほか、国民運動連合の報道官も担当した。2007年フランソワ・フィヨン内閣の高等教育・研究大臣として入閣した。

外部リンク[編集]

先代:
フランソワ・グラール
フランス高等教育・研究相
2007年-
次代: