ヴァルポヴォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルポヴォ
—  市・基礎自治体  —
Grad Valpovo
ヴァルポヴォ城
ヴァルポヴォの位置(クロアチア内)
ヴァルポヴォ
ヴァルポヴォ
クロアチアにおけるヴァルポヴォの位置
座標: 北緯45度40分 東経18度25分 / 北緯45.66度 東経18.42度 / 45.66; 18.42
クロアチアの旗 クロアチア
オシエク=バラニャ郡
行政
 - 市長 Leon Žulj (HDZ)
面積
 - 市・基礎自治体 143km2 (55.2mi2)
標高 91m (299ft)
人口 (2011)[1]
 - 市・基礎自治体 11,570人
 都市部 7,396人
等時帯 CET (UTC+1)
ウェブサイト Grad Valpovo

ヴァルポヴォクロアチア語: Valpovo,ハンガリー語: Valpó)はクロアチアスラボニア地方のオシエク=バラニャ郡の都市および基礎自治体オシエクの北西25kmの場所に位置する。標高は91mで2001年の国勢調査による人口は7,904人、基礎自治体全体では12,327人である。人口のほとんどはクロアチア人が占める。

歴史[編集]

今日のヴァルポヴォ周辺は古代ローマの居住地であるイオヴァリューム(Iovalium)であったと考えられている。ヴァルポヴォの最初の文書の記録は1332年に遡り、1438年にはヴァルポボの城壁に関して言及されている。今日、中世の城壁一部分はプランダウ=ノウマン城(Prandau-Normann)に保存されている。ナチスの傀儡政権であったクロアチア独立国が倒れた後の1945年から1946年にかけてユーゴスラビア社会主義連邦共和国によってドイツ人などの強制収容所が置かれていた。

経済[編集]

ヴァルポヴォの経済は農業や畜産業、林業、木材加工、食品加工業などを基盤としている。また工業では近郊で天然ガスや石油の貯蔵が行われている。近隣のオシエクやドニ・ミホリャツなどと道路で結ばれている。

みどころ[編集]

ドラーヴァ川の河岸に近く、古くは封建領主が居住していた。ヴァルポヴォに現在も残る文化遺産である中世の城壁跡や古い煉瓦の橋、教会や整備された公園などは町の観光名所となっている。プランダウ=ノウマン城はノウマン=エレンフェルス伯爵(Normann-Ehrenfels)やプランダウ=ヒレプラント男爵(Prandau-Hilleprandt)が所有した華麗な城で7回改築が行われている。25万㎡の敷地には121種の草木が植えられている。ヴァルポヴォ公園はスラボニア地方では一番美しい公園とされている。ヴァルポヴォでは毎年夏に文化行事が開催され、重要な行事となっている。また、周辺部の川や湖では釣りが楽しめる他、狩猟やワインなども楽しめる。

脚注[編集]

  1. ^ "Census of Population, Households and Dwellings 2011, First Results by Settlements" (HTML). Statistical Reports (in Croatian and English) (Zagreb: Croatian Bureau of Statistics) (1441). June 2011. ISSN 1332-0297. Retrieved 2011-08-26.