ヴァルデマール・フォン・プロイセン (1889-1945)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァルデマール・フォン・プロイセン(Waldemar von Preußen, 1889年3月20日 - 1945年5月2日)は、プロイセン王国の王族。プロイセン王子ハインリヒの長男。全名はヴァルデマール・ヴィルヘルム・ルートヴィヒ・フリードリヒ・ヴィクトル・ハインリヒWaldemar Wilhelm Ludwig Friedrich Viktor Heinrich)。

ヴァルデマールは1889年3月20日ヴィルヘルム2世の弟であるハインリヒとその妃であったヘッセン大公ルートヴィヒ4世の大公女イレーネの間に第一子としてキールで生まれた。従弟にあたるロシア皇太子アレクセイと同様に、ヴァルデマールは曾祖母のイギリス女王ヴィクトリアに由来する血友病患者であった。

1919年8月14日にヴァルデマールはリッペ侯子フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘であるカリキスタ(1895年 - 1982年)とヘンメルマルク(現シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州レンツブルク=エッケルンフェルデ郡Barkelsby)で結婚したが、二人の間に子供は生まれなかった。ヘンメルマルクは父のハインリヒがイギリスのマナー・ハウス風の邸宅を建ててドイツ革命後に住んでいた場所で、ハインリヒの墓もある。

第二次世界大戦末期、ヴァルデマール一家はソ連軍を避けてバイエルン州オーバーバイエルン行政管区シュタルンベルク郡トゥツィンクへ移った。しかしここにはダッハウ強制収容所があり、1945年5月1日に収容所を解放したアメリカ軍が医療施設をすべて接収したため、ヴァルデマールは輸血を受けられなくなって翌5月2日に死去した。