ヴァルディス・ドムブロフスキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルディス・ドムブロフスキス
Valdis Dombrovskis
Valdis Dombrovskis 2009.jpg
生年月日 1971年8月5日(43歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Latvian SSR.svg ラトビア・ソビエト社会主義共和国リガ
出身校 ラトビア大学
リガ工科大学
所属政党 新時代

任期 2009年3月12日 - 2014年1月22日
元首 ヴァルディス・ザトレルス
アンドリス・ベールジンシュ
テンプレートを表示

ヴァルディス・ドムブロフスキスラトビア語: Valdis Dombrovskis1971年8月5日 - )は、ラトビア政治家。2009年から2014年にかけて、同国の首相を務めた[1]

学歴・研究歴[編集]

ラトビア・ソビエト社会主義共和国リガで生まれた。1995年リガ工科大学から経済学士を、1996年ラトビア大学から物理学修士を取得。1995年から1996年にかけてドイツマインツ大学の研究所で、1997年にラトビア大学固体物理学研究所でそれぞれ助手として勤務した。1998年にはアメリカ合衆国メリーランド大学電気工学部でも研究助手を勤めた。

政治家として[編集]

2002年に政党「新時代」に入党し、2004年までの2年間、サエイマ(ラトビア国会)の議員を兼ねてラトビアの財務大臣を務めた。また2003年から2004年にかけて、欧州連合理事会オブザーバーとなった。

欧州議会議員としては、予算委員会など3つの委員会に所属した。

2009年2月26日イヴァルス・ゴドマニス首相の辞任にともない、ヴァルディス・ザトレルス大統領はドムブロフスキスを次期首相に指名[1]3月12日にラトビア議会に承認された[2]

2013年11月27日、同月21日に首都リガで発生し54人が死亡したスーパーマーケット屋根崩落事故を受け、首相を引責辞任することを発表した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Dombrovskis chosen as Latvian PM”. BBC News. (2009年2月26日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7911983.stm 2009年2月26日閲覧。 
  2. ^ ラトビア議会が新首相承認 中道右派 U.S. FrontLine 2009年3月12日付 2009年3月14日閲覧
  3. ^ “ラトビア首相が辞任、屋根崩落事故の引責で”. CNN.co.jp. (2013年11月28日). http://www.cnn.co.jp/world/35040602.html 2013年11月29日閲覧。 
議会
先代:
不明
ラトビア国会(サエイマ)議員
2002 - 2004
次代:
不明
議会
先代:
不明
欧州議会議員
2004 - 2009
次代:
不明
公職
先代:
イヴァルス・ゴドマニス
ラトビアの旗 ラトビア共和国首相
2009 - 2014
次代:
ライムドータ・ストラウユマ
先代:
グンダルス・ベールジンシュ
ラトビアの旗 ラトビア共和国財務相
2002 - 2004
次代:
オスカルス・スプルジンシュ