ヴァルター・マイスナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルター・マイスナー

フリッツ・ヴァルター・マイスナーFritz Walther Meißner (Meissner), 1882年12月16日 - 1974年11月16日)は、ドイツ物理学者。超伝導の特性の1つであるマイスナー効果を発見した。

生涯[編集]

1882年にドイツベルリンに生まれる。

ミュンヘン工科大学で機械科工学と物理学を マックス・プランクの元で研究した。そして、ベルリンの物理工学院(Physikalisch-Technische Reichsanstalt)に入った。

1922年から1925年にかけて世界で3番目に大きかったヘリウム液化装置を設立。

1920年頃、タンタル(Ta、4.47K)、ニオブ(Nb、9.25K、)、チタン(Ti、0.4K)、トリウム(Th、1.38K)といった新しい超伝導元素を発見した。そして、合金と化合物にも着目し、1930年にTc(転移温度)が初めて10Kを超えるNbCを発見した。

1933年に超伝導の性質のひとつであるマイスナー効果を発見した。弟子であるオクセンフェルトと共に発見したのでマイスナー・オクセンフェルト効果ということもある。

1934年にミュンヘン工科大学の技術物理学長になる。

第二次世界大戦の後に、バイエルン科学・人文科学アカデミー長になる。

1946年に、彼はアカデミーの最初の低温研究コミッションの指導官に任命される。研究所はHerrsching(ミュンヘン近郊の避暑地)に位置しているが、1965年までAmmersee(アマー湖)にあった。ガーヒング(バイエルン州の都市)に動かされた。

1974年にミュンヘンにて永眠。

関連項目[編集]