ヴァルター・ブイケンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァルター・ブイケンス(Walter Boeykens, 1938年1月6日 - 2013年4月23日[1]は、ベルギークラリネット奏者、指揮者

アントウェルペン州ボルネムの生まれ。

ブリュッセル王立音楽院でクラリネットを学び、1964年から1984年までベルギー放送フィルハーモニー管弦楽団の首席クラリネット奏者を務めた。在任中にピエール・ブーレーズの《ドメーヌ》の初演でクラリネット独奏を担当して名を上げ、1969年からアントウェルペン王立音楽院で教鞭を取るようになった。1972年からはニース国際音楽講習会の講師をはじめ、ユトレヒトロッテルダムでも教鞭を執った。1981年には自分の名前を冠したクラリネット合奏団を組織し、指揮者を務めた。

ボルネムにて死去[2]

[編集]

  1. ^ bandpower.net
  2. ^ [1]