ヴァルター・フィリガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァルター・フィリガー(Walther Augustin Villiger、1872年-1938年)は、ドイツ天文学者で、カール・ツァイスの技術者である。1897年にミュンヘン小惑星を1つ発見した。また彗星の観測も行っている。

彼は1896年から1907年にかけて天文学の研究を行った。1924年、ドイツ博物館に世界最初のプラネタリウムが設置されて1年も立たないうちに、彼は新しいプラネタリウムの投影機を開発した。23mの大きさのMark IIとして知られるこの投影機は、多くのプラネタリウムで使用された。

ヴァルター・フィリガーが発見した小惑星
428 モナキア 1897年11月18日