ヴァリアブル・ジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァリアブル・ジオ』 (Variable Geo) は、戯画が製作・発売した18禁対戦型格闘ゲーム及びその一連のシリーズ、またこれを原作としたOVAなどの諸作品である。略称は『ヴァリジオ』『V.G.』『VG』など。

概要[編集]

パソコン、しかも動作システムがPC-9800シリーズという中では非常に珍しいと言える対戦型格闘ゲームである。戯画の母体となった TGL は本作を出す前に『ソードダンサー』という対戦型格闘ゲームとRPGを融合した作品を出しており、この点では対戦型格闘ゲームに関して一定のノウハウがあった。

また、アドベンチャーゲームが主なアダルトゲームにおいてはアクションゲーム、しかも発売当時流行していた対戦型格闘ゲームのリリースということもあり、ユーザーには驚きを持って受け止められた。当時アダルトゲームにおいて対戦型格闘ゲームは本作以外に『クイーン・オブ・デュエリスト』シリーズ(アグミックス)と『人形使い』(フォレスト)くらいしか存在しておらず、パソコンオリジナルの一般作品で言えば『あすか120%』シリーズ(ファミリーソフト)などごく限られており、ギャルゲー格闘の先取り作品でもある。

最初の作品が発売されて以後家庭用ゲーム機に移植され、さらにOVAにもなり、またアドベンチャーゲームとしてもリリースされるなど多様な展開を見せている。

アニメーター木村貴宏が人気を得るきっかけともなった作品である。以後本シリーズでは『ADVANCED V.G.2』まで、戯画作品としては本作同様PCエンジンへと移植された『スチームハーツ』や『ハーレムブレイド 〜The Greatest of All Time.〜』などのキャラクターデザインとビジュアルシーン原画を手がけている(なお、本作第1作目のビジュアルシーン原画は、当時所属していたアニメアールの先輩・吉田徹と佐々木一浩との共同作業によるもの)。後のOVA化の際にも監督に起用された吉田と組んで、キャラクターデザインと作画監督を手がけている。

PC版のヒット後、PCエンジンSUPER CD-ROM²用ソフトとして18禁要素を薄くする一方ストーリー性を強めた『ADVANCED V.G.』がリリースされた。各キャラクターの声はアーツビジョン所属で、当時まだ新人級だったゆかな(当時の芸名は「野上ゆかな」)や手塚ちはる椎名へきるの他、渡辺久美子白鳥由里荒木香恵らが演じた。シナリオは『機動戦士ガンダム』や『超時空要塞マクロス』のシナリオ・設定で知られる松崎健一が担当。松崎の起用には、実はパソコンゲーム情報誌パソコンパラダイスの編集を手がけていた編集プロダクション・ピーズサイテックが大きく絡んでいる。PC版の発売前後にパソコンパラダイスで巻頭記事として扱い、後にはムックを企画するなどして本作第1作目を高く評価した関係から戯画の信頼を勝ち得た同社はPCエンジンへの移植に関して相談を持ちかけられた際、別の書籍企画(一般向けのカーアンソロジーコミック)で繋がりのあった松崎を紹介したのである。ゲームファンでもあった松崎も、この仕事を二つ返事で引き受けている。なお、戯画の発行した同作のコミックアンソロジー『V.G. MAX』や『V.G. 姫神』の編集も、ピーズサイテックが編集元請となっている(実際の編集は、『V.G. MAX』を当時ピーズサイテックに出入りしていたフリーランスの漫画専門編集者が、『V.G. 姫神』をパソコンパラダイスの巻末コミックの編集を担当していたアップルパイが担当)。

シリーズ作品[編集]

  • 1993年7月 PC-9800シリーズ(18禁格闘) 『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』
  • 1994年7月 PCエンジン(格闘) 『ADVANCED V.G.』 ※開発・発売:TGL・戯画
  • 1994年11月 PC-9800シリーズ(18禁格闘) 『V.G.II -姫神舞闘譚-』
  • 1995年7月 スーパーファミコン(格闘) 『スーパーヴァリアブル・ジオ』 ※開発・発売:TGL
  • 1996年4月 プレイステーション(格闘) 『ADVANCED V.G.』 ※開発・発売:TGL・戯画
  • 1997年3月 セガサターン(格闘) 『ADVANCED V.G.』 ※開発・発売:TGL・戯画
  • 1998年9月 プレイステーション(格闘) 『ADVANCED V.G.2』 ※開発・発売:TGL・戯画
  • 1999年2月 Windows 『V.G.CUSTOM』
  • 1999年9月 Windows 『V.G.MAX』
  • 2000年3月 Windows 『V.G.Adventure』
  • 2001年9月 Windows 『V.G.Re-birth』
  • 2002年3月 Windows 『V.G.Re-birth'[DASH]』
  • 2003年2月 プレイステーション(格闘) 『SuperLite1500シリーズADVANCED V.G.』 ※発売:サクセス
  • 2003年2月 プレイステーション(格闘) 『SuperLite1500シリーズADVANCED V.G.2』 ※発売:サクセス
  • 2003年12月 Windows(18禁アドベンチャー) 『V.G.NEO』
  • 2009年3月25日 ゲームアーカイブス(格闘) 『ADVANCED V.G.』

初期作品のあらすじ[編集]

「ヴァリアブル・ジオ」とは、最強のウェイトレスを決めるべく、超多国籍企業・謝華グループの主催で年に1度行われる格闘技大会である。賞金総額は10億円。選手の所属企業には、伝説の一等地が与えられる。不況の煽りを受け、業績不振に苦しむ外食産業にとっては願ってもない賞品であった。

各企業に謝華グループから送られてきた1通のFAXから始まったこの大会に不参加を表明する企業は無く、いつしか年に1度の恒例となっていたが、開催から3度を数えるも未だ参加企業からの優勝者はなく、謝華グループの総帥であるレイミ・謝華がその栄誉を守ったままであった。

そして、第4回大会が開かれることとなる……。


登場人物[編集]

声優は、PC版 / PS版 / SS版 / OVA版。所属店舗の後の括弧内は、その店舗の元ネタとなった飲食店。 3サイズが書いてあるキャラの資料は、『ヴァリアブル・ジオ 〜最強美少女伝説〜』(株式会社メディアックス、1994年)及び『V.G.SERIES設定原画集』(発行元不明、「戯画」の表記があるだけ)による。

主な登場人物[編集]

V.G.[編集]

武内 優香(たけうち ゆか)
声:岩城由奈 / Ruru / 野上ゆかな / 三石琴乃 / 楠鈴音
シリーズにおいて主人公になる事が多い少女。所属店舗はハンナミラーズ(アンナミラーズ)。身長は163センチで、3サイズは上から89/59/88の巨乳。小説版ではバストサイズが88センチとなっており、ブラのサイズもEとなっている。向上心からV.G.に参戦した格闘少女で、「」を操って放つ技が得意(他のキャラの多くも使えるが)。髪型はポニーテールで、一人称は「ボク」の活発な性格。ストーリーモードではプレイヤーキャラ。曽祖父からは大会に潜む裏の陰謀の調査を命じられており、自身の隠された出生の秘密を知ることとなる。
小説版ではサブキャラクターとして登場し、一巻では半ば引き立て役として扱われている。ミランダの生み出したサイボーグであるカルハイン・オズボーンには攻撃がまったく効かず、ブラを抜き取られたあと、技に合わせて両胸の乳首を弄られるという返し業を受けてミランダに敗北し、恥ずかしい格好で放置されてしまう。最終巻では主役を務め、ラストバトルではミランダにリベンジしている(一巻で受けた仕打ちについては一切言及されていない)。普段はノーブラだが、小説版ではセーラー服を着ているときはブラを着けている模様。
増田 千穂(ますだ ちほ)
声:中村友美 / 椎名へきる(『ADVANCED V.G.2』ではSS版の浅田葉子に変わっている) / 浅田葉子 / 岩男潤子
所属店舗は CASO (CASA) 。3サイズは上から83/59/85。忍者組織の一族出身で、頑固かつ無愛想な性格。そんな自分をあまり良く思っておらず、PC98版では一族から抜けて生きていくための資金を得るべく大会に出場したという設定。ストーリーモードおよびOVA版では、謝花グループの陰謀を調べるために組織が送り込んだくノ一として登場。
楠 真奈美(くすのき まなみ)
声:MIKAKO / 荒木香恵 / 大谷育江
所属店舗は不士屋(不二家レストラン)。3サイズは上から75/57/79。格闘スタイルは自作の「猫グローブ」を装備して戦う、子供の喧嘩じみたもの。コスプレアイドル的存在で精神年齢も幼く、小学生と間違われることもある。
久保田 潤(くぼた じゅん)
声:藤井舞 / 手塚ちはる / 折笠愛
所属店舗はスカラーク(すかいらーく)。3サイズは上から85/60/86。レスリングオリンピック代表候補だったが、より強い対手を求めてV.G.選手に。自分の苗字を技名に付けている。一人称は「俺」。
小説版の一巻では主役を務め、彼女に師事した男性との昔話や、今の彼の恋バナなどがメインとなっている。
梁瀬 かおり(やなせ かおり)
声:相田葵 / 白鳥由里 / 今井由香
所属店舗はモーヒー館(珈琲館)。3サイズは上から84/58/87。対戦相手のデータを分析してコンピューターシミュレーションを行う頭脳派で、テコンドーの使い手。前回大会でレイミに敗れており、雪辱に燃える。
尚、『ADVANCED V.G.2』のかおりには相手に一切隙を与えず一方的に攻撃できる所謂「ハメ技」が存在し、理不尽な強さを誇る。
レイミ・謝華(レイミ じゃはな)
声:潮田聖子 / 渡辺久美子 / 山口由里子
謝花グループの現総帥にしてV.G.無敗の王者。3サイズは上から85/58/87。プライドの高い女王様キャラだが、戦いにおいては正々堂々としている。マーシャルアーツの使い手。ストーリーモードやOVA版における大会の裏の陰謀は、自身の関与しないところで進んでいる。

ADVANCED V.G.[編集]

八島 聡美(やじま さとみ)
声:永瀬江美弥 / 横山智佐 / 長沢美樹 / 宮村優子
所属店舗はびっくりモンキー(びっくりドンキー)。3サイズは上から78/51/82。優香とは同門で、親友にしてライバル。両親とは死別しており、弟と二人暮しの極貧生活から抜け出すべく、V.G.に参戦。優香との間柄や炎の技を使うという点では立場上『ストリートファイター』シリーズのケンに近いが、使用できる技は異なる。OVA版では準主役であり、謝花の陰謀で毒を盛られて苦しむ弟の治療費のため、半ば強引に出場させられる。
結城 綾子(ゆうき あやこ)
声:天野由梨 / 根谷美智子
所属店舗は SoTO(和食さと)。3サイズは上から85/54/88。マイペースな性格と尻まで届くワンレングスが特徴のダンサー。風を操る。京都出身だけあって、常に京言葉で話す。自分のディスコを経営するという夢を叶えるため、V.G.に参戦。ボディコンファッションと羽根扇子から成る艶かしい容姿には、所属ファミレスではなく、制作当時のジュリアナ東京ブームが反映されている。
エリナ・G(エリナ ゴールドスミス)
声:桜坂かい / 松下美由紀 / 永島由子
所属店舗は TheRival (The Royal) 。3サイズは上から92/57/88(バスト「91」と表記されている資料もある)。金髪のアメリカ人だが、生粋の大阪府育ちの大阪人。通称「えりりん」。外見へのコンプレックスと周囲の偏見から少女時代は荒んでいたが、現在ではすっかり落ち着き、社交的で面倒見の良い性格のバニーガールとして働いている。喧嘩殺法が得意な為か『ADVANCED V.G.』では技を出す度ガラの悪い声を上げるが、『ADVANCED V.G.2』では無くなった。『V.G.II』では潤に惚れている。
曾根崎 啓一(そねざき けいいち)
声:飛田展男
『ADVANCED V.G.』にのみ登場。「K1」と呼ばれる少年。ストーリーモードでのラスボスの一人。対戦モードでのみ使用可能。シリーズを通してプレイヤーキャラクターの中では唯一の男である。
曾根崎 恵(そねざき けい)
声:まるたまり
『ADVANCED V.G.』にのみ登場。「K2(ケーツー)」と呼ばれる少女。啓一の妹。ストーリーモードでのラスボスの一人。対戦モードでのみ使用可能。

V.G.II[編集]

この3人は、『ADVANCED V.G.』以降のシリーズでは存在していなかったことにされている。ただし、綿貫弓子だけは『V.G.MAX』で一選手として復帰。

神無月 輝美(かんなづき てるみ)
声:宮本綾子
3サイズは上から83/55/83。幼少から見ていた功夫映画に憧れて使い手となった少女。その格闘スタイルから、「ジャッキー姉ちゃん」との愛称を付けられている。
綿貫 弓子(わたぬき ゆみこ)
声:A.I
所属店舗は多宝酒家。3サイズは上から75/44/76。『V.G.II』の準ラスボス。元は中国人で福建省出身だが、香港で働いていたところを琴荏に引き抜かれ、日本国籍になる。八卦掌の使い手で、準ラスボスらしく琴荏に次ぐ強さを誇る。
嘉島 琴荏(かしま ことえ)
声:小川由美子
アメリカの超巨大企業「カシマジオテック」の総帥で、『V.G.II』のラスボス。3サイズは上から85/53/86。絶世の美女だが、レイミ以上に我侭。レイミとは幼馴染かつライバルで、彼女と同じくマーシャルアーツを使いこなすが、ラスボスらしく凄まじい強さを誇る。対戦モードでのみ使用可能。

ADVANCED V.G.2[編集]

御剣 珠緒(みつるぎ たまお)
声:椎名奏子 / 西村ちなみ
所属店舗はシルバーパロット(ブロンズパロット)。優香に憧れてV.G.選手となった少女。本作では優香に代わって主人公を務める。立場的には『ストリートファイター』シリーズで言う春日野さくらに近く、優香に憧れているだけあり格闘スタイル・技が似ている。本作と『V.G.Re-birth』では性格が全く違う。また、『V.G.NEO』では存在していなかったことにされている。
霧島 恭子(きりしま きょうこ)
声:有園司 / まるたまり
所属店舗は峠道(馬車道)。霧島流柔術の継承者。千穂の一族とは親戚関係にあり、元修行仲間だが仲は悪い。柔術が得意なだけあり相手の攻撃を返し逆にダメージを与える「返し技」に長けている。
新条 サキ(しんじょう サキ)
声:真柴摩利
謝華グループによってV.G.に招待されたが、プロフィールなどは全て謎。いわゆるサドの気があり、対戦相手は完膚なきまでに叩きのめさないと気が済まない。そのため、対戦者はことごとく再起不能にされる。
マテリアル
声:小谷朋子
ミランダによって創られたハイブリッツ(格闘用試験体)であり、前作に登場した曾根崎恵のクローン。一度ストーリーモードをクリアすると使えるようになる。
ミランダ・謝華(ミランダ じゃはな)
声:神宮司弥生 / 小林優子 / 田中敦子
レイミの母にして謝華グループの裏の部分(軍需産業、生体工学)を取り仕切る、事実上のトップ。ストーリーモードの最後のボス。一度ストーリーモードをクリアすると使えるようになる。一応前作に登場自体はしている。また、OVA版では既に他界しており一部の幹部や研究者らがある方法で蘇らせようとしていた。

V.G.Re-birth[編集]

桜木 ひより(さくらぎ ひより)
声:関和美
所属店舗は香出屋(神戸屋レストラン)。おどおどしていてスローモーだが、聡美を凌ぐ力を秘めてる少女。極度の方向音痴で、試合の場所がわからなくてVIP席に来た。
羽田 野恵子(はねだ やえこ)
所属店舗はブルーシール。ブルーシールは戯画の別作品『Ripple 〜ブルーシールへようこそっ〜』に登場する店舗。

V.G.NEO[編集]

飛鳥 優(あすか ゆう)
声:三重野亜未
所属店舗は MY home。店に突然押し付けられた負債を返済するためにV.G.へ出場する。師が頻繁に替わる不思議な道場で格闘技を学んでいた。
岡本 歩美(おかもと あゆみ)
声:みる
所属店舗は駅馬車(馬車道)。格闘技は素人同然だが、驚異的な身体能力と、見様見真似で技をすぐに覚えてしまう動体視力と洞察力を持つ。
三角 沙奈理(みすみ さなり)
声:吉川華生
所属店舗は香出屋(神戸屋レストラン)。かつて空手の大会で優に負けた経験があり、それ以来優をライバル視している。優への雪辱を晴らすために彼女もまたV.G.に身を投じる。
ダイアン・ライアン
声:朝霞紫
所属店舗は Rock'n Cafe。暴力団に嫌がらせを受けていたRock'n Cafe西最戸店に立ち寄り、用心棒としてそのままいついてしまった女性。素性には謎が多い。
相楽 桂(さがら けい)
声:秋月まい
所属店舗はプチ・バニーニ(ツチ・バヌーチ)。無感情な少女。合気道のような戦い方をするが、重量物を持ち上げたりするなど明らかに合気道では説明できない、単純な怪力とも異なる謎の力を用いる。
玉 真珠(ゆい ちんじゅう)
声:中瀬ひな
所属店舗はメイドリーム(メイド喫茶)。中国人留学生。故郷の家族への仕送りと部屋に居候している拳法の兄弟子たちの生活費のためにいつも困窮しており、一攫千金を求めてV.G.に参加する。
アンナ・フェアゴールド
声:Yuki-Lin
所属店舗はプロパガンダ(ブロンズパロット)。優に対して非常に強い敵意をぶつけてくる謎の少女。

その他[編集]

北条院 雅子(ほうじょういん まさこ)
『V.G.MAX』の隠しキャラクター。ドレスの中に武器を隠し持っている。
飛鳥 雅貴(あすか まさき)
声:舌純
『V.G.NEO』に登場。優の兄で、妹を溺愛している。個人経営のファミレスMy homeの店主。
虎柴 輝沙良(とらしば きさら)
声:岡未々
『V.G.NEO』に登場。歩美の先輩で、駅馬車のフロアチーフ。
佐伯 円奈(さえき まどな)
声:春乃ももよ
『V.G.NEO』に登場。Rock'n cafeの看板娘。
美紀(みき)
声:花園朱実
『V.G.NEO』に登場。歩美の唯一の友人。
三谷 郁子(みたに いくこ)
声:日向みちる
『V.G.NEO』に登場。歩美の同僚だが、彼女のことを嫌っている。
坂本 月夜(さかもと つきよ)
声:日向みちる
『V.G.NEO』に登場。真珠の友人。
ケリー・ギャレット
声:岡未々
『V.G.NEO』に登場。ギャレット教授の娘。
三島 由梨絵(みしま ゆりえ)
声:花園朱実
『V.G.NEO』に登場。ギャレット教授の秘書

主題歌[編集]

  • V.G.Adventure
    • Fu-kin Hi-kin Everyday
歌:伊藤瞳子伊藤硝子 作詞・作曲:milktub 編曲:吉原かつみ
  • V.G.Re-birth
    • ramble on
歌:クリスティーナ 作詞:濱田秀明 作曲:UnisonSoundTeam 編曲:CAT'S
  • V.G.NEO
    • We survive
歌・作詞:KOTOKO 作曲・編曲:C.G mix
  • ADVANCED V.G.2
    • endless life
歌:奥井雅美 作詞:奥井雅美、作曲:奥井雅美・矢吹俊郎、編曲:矢吹俊郎

OVA[編集]

ヴァリアブル・ジオ[編集]

ヴァリアブル・ジオ』。ケイエスエスから発売されたOVAシリーズ。全3巻。

ストーリー[編集]

VG、それは最強のウェイトレスを決める格闘大会である。武内優香は失踪した聡美を探す為にVGに挑戦する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:テイジイエル「ヴァリオアブル・ジオ」
  • 企画:本橋孝夫、高野潤也
  • 脚本:黒田洋介
  • キャラクターデザイン:木村貴宏
  • 美術監督:中座洋次
  • 撮影監督:安津畑隆
  • 編集:小島俊彦
  • 音響監督:三間雅文
  • 音楽:山本はるきち
  • 音楽プロデューサー:原田宗一郎
  • 音楽制作担当:横山光則
  • 音響プロデューサー:飯塚康一
  • 音響担当:塚田政宏
  • 総合プロデューサー:浅賀孝郎
  • プロデューサー:蝦名雅人、榎本歩光
  • シリーズプロデューサー:吉田徹
  • テクニカルアドバイザー:坂田純一
  • アニメーション制作:カオスプロジェクト
  • 製作:ケイエスエス

OVA主題歌[編集]

オープニングテーマ「風になりたい」
作詞:佐藤ありす / 作曲:TSUKASA / 編曲:山本はるきち / 歌:中嶋えりな[1]
冒頭は女神像を映して江原正士のナレーションで始まり、黒地にV.Gのタイトルロゴという流れで始まる。優香らゲームの登場人物のほか、シルエットでOVAオリジナルキャラクターのダミアンも登場。歌詞は友人のそばに風のように寄り添い、一緒に同じ夢を追い続けたいという思いを歌ったもので優香と聡美が同門で共に空手着を着て腕を合わせている映像と合わせ、失踪した里美への優香の思いを表現したものとなっている。ラストは冒頭で登場した女神の顔と優香の顔がオーバーラップする演出で終わる。

サブタイトル[編集]

  • 第1話『強くなる気持ち』 - 30分、1997年1月29日発売
  • 第2話『錯綜する女神達』 - 30分、1997年3月14日発売
  • 第3話『女神たちの挽歌』 - 30分、1997年6月27日発売
  • 総集編『ヴァリアブル・ジオ全集』 - 85分、2001年7月27日発売

V.G.NEO[編集]

V.G.NEO THE ANIMATION』。ミルキーより発売されたアダルトアニメ。全3巻。BEST版として「V.G. NEO THE BEST」も発売されている。

ストーリー[編集]

ヴァリアブル・ジオと呼ばれた戦いから数年後、謎の巨大豪華客船「バージンゴッドネス号」で世界最強のウェイトレスを決める格闘大会の開催が開催された。敗者には過酷なペナルティが待っている、V.G.の裏に隠された謎とは。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:戯画
  • プロデューサー:八神和彦、渡来猛人、永居慎平
  • 脚本:服部理子
  • 演出:南海弥、神原敏昭
  • 絵コンテ:桝井剛
  • キャラクター原案:さかづきほまれ
  • キャラクターデザイン:雨宮まこと
  • 作画監督:野崎竜一、焔萌子、草薙京介、雨宮まこと
  • 色彩設定:竹野邪和、宮本敏行、坂口有香
  • 美術監督:岩瀬栄治、東厚治
  • 撮影:ヴィオラ、ビッグバン、デジタルギア
  • 編集:和田光弘、小峰博美、MIYA
  • 音響監督:FUJIMOTO
  • 制作進行:劉修一
  • キャスティング:ひょうたん倶楽部
  • アニメーション制作:スタジオラグーン、スタジオジャム
  • 企画協力:イメージハウス
  • 製作:「V.G.NEO」アニメ製作委員会
  • 発売:「V.G.NEO」アニメ製作委員会
  • 販売:株式会社GPミュージアムソフト

発売日[編集]

  • VOL.1 (2004年2月25日)
  • VOL.2 (2004年6月25日)
  • VOL.3 (2005年1月25日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]