ヴァヒド・ハリホジッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァヒド・ハリルホジッチ Football pictogram.svg
Algérie - Arménie - 20140531 - Vahid Halilodzic 2.jpg
名前
ラテン文字 Vahid Halilhodžić
セルビア語 Вахид Халилхоџић
基本情報
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日 1952年10月15日(61歳)
出身地 ヤブラニツァ
選手情報
ポジション FW
代表歴
1976–1982 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 32 (8)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴァヒド・ハリルホジッチ(Vahid Halilhodžić, 1952年10月15日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)出身のサッカー選手、サッカー指導者である。

選手として[編集]

選手時代のポジションはフォワードFKヴェレジュ・モスタルFCナントパリ・サンジェルマンなどに在籍。ナント時代に2度のフランスリーグ得点王に輝いた。

ユーゴスラビア代表には1976年から1985年まで招集され、32試合に出場して8ゴールを挙げた。1976年欧州選手権1982年ワールドカップに出場した。

監督として[編集]

古巣のヴェレジュ・モスタルで監督としてのキャリアを始めた。1997年から1998年まで監督を務めたモロッコのラジャ・カサブランカでは、国内リーグを2連覇、1997年のCAFチャンピオンズカップを制しアフリカチャンピオンに導いた。

1998年から2002年まで監督を務めたフランスのリールOSCでは、1999-00シーズンに2部リーグ優勝、2000-01シーズンは昇格1年目ながら3位に食い込み、その手腕が評価され同年の年間最優秀監督に選ばれた。

2008年からコートジボワール代表の監督を務めてきたが、アフリカネイションズカップ2010準々決勝敗退の責任をとる形で2010年2月27日に解任された。

2010年8月にクロアチアリーグディナモ・ザグレブ監督に就任。同リーグで優勝するが、翌2011年5月に契約問題によって退団する。

2011年6月にアルジェリア代表監督に就任。2014年のワールドカップに同国代表を率いて参加した。

選手経歴[編集]

指導者経歴[編集]

タイトル[編集]

選手
指導者
  • CAFチャンピオンズリーグ:1997(ラジャ・カサブランカ)
  • モロッコリーグ:1997、1998(ラジャ・カサブランカ)
  • クープ・ドゥ・フランス:2000(パリ・サンジェルマン)
  • 2部年間最優秀監督:1999(リール)[2]
  • 年間最優秀監督:2001(リール)[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ France - Topscorers”. RSSSF. 2007年9月24日閲覧。
  2. ^ a b c France - Footballer of the Year”. RSSSF. 2007年9月24日閲覧。