ヴァネッサ・デル・リオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァネッサ・デル・リオ
Vanessa del Rio
Vanessa del Rio 1.jpg
Vanessa del Rio
プロフィール
別名 Ana Maria Sanchez(本名)、
Ursula Pasarell、
Nessa
生年月日 1952年3月31日
現年齢 62歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハーレム (ニューヨーク市)
民族 プエルトリコ
キューバ系アメリカ人
瞳の色 ブラウン
毛髪の色
公称サイズ([1]の時点)
身長 / 体重 168 cm / kg
スリーサイズ 114 - 79 - 102 cm
カップサイズ DD(米国サイズ)
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

ヴァネッサ・デル・リオ Vanessa del Rio(本名アナ・マリア・サンチェス Ana Maria Sanchez[2]ハーレム (ニューヨーク市) 出身、1952年3月31日 - )は、アメリカ合衆国の元ポルノ女優

生い立ち[編集]

ヴァネッサ・デル・リオは、キューバからの移民、アフリカの血が混じるプエルトリコ人、スペイン人の血をひく娘であった。彼女はハーレムで育ち[3]、少女時代の大半はカトリック・スクールに通った。

職歴[編集]

ヴァネッサ・デル・リオは生活費を稼ぐため、1974年[1]からポルノ映画に出演し始め、初のヒスパニック系ポルノスターとなった。彼女は1986年に、当時のエイズ騒動によりポルノ映画から一度引退したが[3]、自身のウェブサイトを通してのアダルト・エンターテインメント、また各種のアワード・ショー、大会等への特別出演によって、依然として活動している。

20年を越えるキャリアにおいて、デル・リオは200本以上のポルノ映画に出演した。最後の映画は『Dr. Lust 』だった。彼女はミュージック・ビデオにも出演していて、ジュニア・マフィアの「Get Money」が特に知られている[4]

最初にデル・リオは、非常に巨大な陰核のために、また頻繁にアナルセックスに熱中する(このため、彼女はポルノの「アナル・クイーン」と呼ばれた)初のポルノ女優であるために有名になった。彼女は現在、率直なユーモアセンスで最も有名である。ニューヨークのセックス博物館で展示を手伝いながら、彼女は中年のキュレーターをからかって言った - 「彼らは、とても抑圧されています - 私には、彼らが本当は何を望んでいるか判っています。」

彼女の最も知られる一般作への出演は、彼女自身を演じたNYPDブルーの1996年のエピソードである。

出演作の一部[編集]

  • 1976年 - 『ジェニファー・ウェルズ/ブルー・ラブポルノ (Tenptations) 』 … Lily
  • 1978年 - 『Let Me Die a Woman 』(クレジットされず) … Sandy
  • 1979年 - 『奴隷婦人 (Women in Love) 』 … Simone Foster
  • 1979年 - 『ザッツ・エロ (Thats Erotic) 』(ストック・フッテージ) … 彼女自身
  • 1980年 - 『マルチ・スワップ/交換妻 (The Filthy Rich) 』 … Chilli Caliente
  • 1980年 - 『淫熟/グレート・セックス (Co-Ed Fever) 』 … Vannessa
  • 1981年 - 『ニューヨーク・ポルノ/ブラッド・サック (Dracula Exotica) 』 … Vita Valdez
  • 1981年 - 『The Dancers 』 … Frances
  • 1981年 - 『マラスタシー/淫精 (Beauty) 』 … Judy Lopez
  • 1981年 - 『令嬢物語/ハードコア (A Scent of Heather) 』 … The Cook
  • 1982年 - 『ダーティ・リップス/女の欲望 (Foxtrot) 』 … Celeste
  • 1983年 - 『ダーティ・ドリル/女狐 (Foxholes)
  • 1984年 - 『Viva Vanessa the Undresser
  • 1986年 - 『The Devil in Miss Jones 3: A New Beginning 』 … Mandy
  • 1996年 - 『Then and Now #15 』 … 彼女自身
  • 2000年 - 『Give Me Your Soul 』(クレジットされず) … 彼女自身

テレビ出演[編集]

  • NYPDブルー … 彼女自身、エピソード「Head Case」(1996年)
  • When Rated X Ruled the World … 彼女自身、VH1によるドキュメンタリーテレビ映画(2004年)
  • SexTV … 彼女自身、エピソード「UFO Sex: The Raelians/Jackinworld.com/Vanessa del Rio」(2005年)

受賞歴[編集]

  • 1980年 CAFA最優秀助演女優賞 - 『ニューヨーク・ポルノ/ブラッド・サック (Dracula Exotica)
  • 1981年 CAFA最優秀助演女優賞 - 『The Dancers
  • AVN殿堂入り
  • XRCO殿堂入り

文献[編集]

  • ニコラス・バルバーノ Nicolas Barbano 著『Verdens 25 hotteste pornostjerner(世界で最も人気の高い25人のポルノスター)』(デンマーク、ロシナンテ社 1999年 : ISBN 87-7357-961-0) 彼女のために章が割かれている[5]
  • 2007年、ドイツの美術本出版者タッシェン (Taschen) は、『Vanessa del Rio: Fifty Years of Slightly Slutty Behavior(ヴァネッサ・デル・リオ:50年間のわずかにふしだらな品行)』(ISBN 978-3822846513) という豪華で写真満載の伝記(140分のドキュメンタリーDVDを含む)を出版した [6]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sophie (May/June 1997). “Interview with Vanessa del Rio”. Mentertainment magazine. 2007年9月12日閲覧。
  2. ^ George Gurley (2007年11月20日). “Dont' Blame It on Rio”. New York Observer. 2007年12月2日閲覧。
  3. ^ a b Siobhan O’Connor (2007年9月11日). “Out With a Bang”. King magazine. 2007年9月12日閲覧。
  4. ^ Jeff Winbush. “The Diva of Sex: The Vanessa del Rio Interview”. G21. 2007年9月12日閲覧。
  5. ^ rosinante.dk(デンマーク語)
  6. ^ Taschen Books: Vanessa del Rio

外部リンク[編集]