ヴァス神群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァス神群Vasu)は、インド神話において自然現象を神格化した8柱の神々の総称である。

水(アーパス)、北極星ドルヴァ)、ソーマ)、大地(ダラ)、風(アニラ)、火(アナラ)、暁(プラバーサ)、光(プラティユーシャ)の8神とされるが、諸説ある。聖仙ヴァシシュタの上を飛ぶ非礼を犯した罪を償う為、ガンガーと人間の間に生まれた子供達として転生した事も。

ラーマーヤナ』によるとカシュヤパ仙とアディティの子供に数えられている。

マハーバーラタ』の英雄ビーシュマはヴァスの結集によって生まれたとも、ヴァスの中のディヤウスの生まれ変わりとも言われる。