ヴァシレ・タルレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モルドバの政治家
ヴァシレ・タルレフ
Василе Петру Тарлев
生年月日 1963年10月6日(50歳)
前職 技術者

任期 2001年4月19日 - 2008年3月19日
大統領 ウラジーミル・ヴォローニン
テンプレートを表示

ヴァシレ・ペトル・タルレフブルガリア語: Василе Петру ТарлевVasile Petru Tarlev、または、ヴァーシリー・パーヴロヴィチ・タルレフロシア語: Василий Павлович ТарлевVasilii Pavlovich Tarlev1963年10月6日 - )は、モルドバ政治家2001年から2008年までモルドバの首相を勤めた。民族的にはブルガリアから移住してきたベッサラビア・ブルガリア人 Bessarabian Bulgariansである。

技術者としての教育を受けた後、モルドバ政府の様々な経済諮問会議に参加し、2001年4月19日首相に就任した。

2008年3月19日「新しい人々に道を譲りたい」と辞意を表明して、人々を少なからず驚かせた。モルドバ議会は翌3月20日に辞任を承認し、ウラジーミル・ヴォローニン大統領は後任にジナイーダ・グレチアニを指名した。[1]グレチアニは、2008年3月31日議会によって首相に承認された。[2]

参考[編集]

  1. ^ "Moldova’s Voronin submits PM candidacy to parliament", ITAR-TASS, March 21, 2008.
  2. ^ "Moldova's Parliament approves new government", Associated Press (International Herald Tribune), March 31, 2008.
先代:
ドミトリ・ブラギシュ
モルドバの首相
2001年 - 2008年
次代:
ジナイーダ・グレチアニ