ヴァシリー・シナイスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vassily Sinaisky.jpg

ヴァシーリィ・セラフィーモヴィチ・シナーイスキィロシア語: Васи́лий Серафи́мович Сина́йский ; Vassily Serafimovich Sinaisky, 1947年4月20日 コミ共和国 – )は、ロシア指揮者ピアニスト

経歴[編集]

レニングラード音楽院にてイリヤ・ムーシン指揮法を師事し、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団キリル・コンドラシンの助手として指揮活動に入った。1973年西ベルリンカラヤンコンクールで金メダルを受賞した。

1991年から1996年までモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任した。また、ラトビア交響楽団の首席指揮者やオランダ・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者にも就任している。ロシア国立交響楽団(ソ連国立交響楽団の後身)の音楽監督にも任命され、2002年まで在任した。1996年からBBCフィルハーモニックの首席客演指揮者を務め、定期的にプロムスにも参加している。ボリショイ劇場の首席客演指揮者も務めたことがある。ウェールズ・ナショナル・オペラとは、チャイコフスキーの歌劇《イオランタ》をたびたび上演しており(一度BBCプロムスでも取り上げられた)、また《ムツェンスク郡のマクベス夫人》の公演も指揮した。近年はイングリッシュ・ナショナル・オペラで《カルメン》や《ばらの騎士》の公演を指揮して、高い評価を勝ち得ている。

録音では、シャンドス・レコーズと契約してBBCフィルハーモニックを指揮し、バラキレフリャードフシュレーカーシマノフスキシチェドリンの作品を取り上げており、またショスタコーヴィチ映画音楽シリーズという企画にも取り組んでいる。

2007年1月から2011年までマルメ交響楽団の首席指揮者、2010年から2013年までボリショイ劇場の音楽監督を務めた。

先代:
ドミトリー・キタエンコ
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督
1991–1996
次代:
マルク・エルムレル
先代:
エフゲニー・スヴェトラーノフ
ロシア国立交響楽団音楽監督
2000–2002
次代:
マルク・ゴレンシテイン
先代:
クリストフ・ケーニヒ
マルメ交響楽団首席指揮者
2007–現在
次代:
空席
先代:
アレクサンドル・ヴェデルニコフ
ボリショイ劇場音楽監督
2010-2013
次代:
トゥガン・ソヒエフ