ヴァイオリン協奏曲第2番 (バルトーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルトーク・ベーラの《ヴァイオリン協奏曲 第2番》Sz.112は、1937年から1938年に作曲された。生前はバルトークの唯一のヴァイオリン協奏曲と思われていたが、死後《ヴァイオリン協奏曲 第1番》が再発見され、第2番と番号付けされるようになった。

概要[編集]

ハンガリー人ヴァイオリニストゾルターン・セーケイ(Zoltán Székely, 1903年-2001年)の依頼によって書かれ、彼に献呈されている。

アラン・ウォーカーは、リストに関する研究書において、本作品がリストの《ファウスト交響曲》に使われた作曲技法に類似点があることを指摘し、なかでも終楽章が、開始楽章の主題による変奏であるところがそうであるとした。

この点に関しては、セーケイの回想が参考になる。彼の作曲依頼を受けたバルトークは、当初単一楽章の巨大な変奏曲形式はどうかと提案したが、セーケイはその独創性は認めながらも、演奏効果に鑑みるとやはり伝統的な3楽章構成の方が望ましい、と主張した。そこでバルトークはセーケイの主張通り3楽章構成を採用し、第2楽章は変奏曲、終楽章は開始楽章の主題の変奏(新規主題もある)を用いて作曲し、お互いの意見を立てたとセーケイに述べたという。

注解[編集]

先に述べた伝統的な3楽章構成と変奏曲に加え、ハンガリーの民族舞曲であるヴェルブンコシュverbunkos)の様式も下敷きとされている。また第1楽章が冒頭でハープが静かにロ長調の和音をかき鳴らして始まるなど、調性感もかなり明確に打ち出されている反面、12半音階の音が全て出てくる調性感の希薄な旋律も登場するなど、様々な音楽語法も盛り込まれている。

自身はピアニストだったバルトークだが、民俗音楽収集やヴァイオリニストの友人たちを通してヴァイオリン技法には精通しており、この曲でもヴァイオリンには民族舞曲調の即興性から伝統的なパッセージや名人芸までが詰め込まれている(第1楽章にあるカデンツァもバルトーク自身で書いている)。またオーケストラにもかなり比重が傾けられており、色彩豊かな管弦楽の響きも特徴。

楽器編成[編集]

独奏ヴァイオリン、フルート2(第2奏者ピッコロ持ち替え)、オーボエ2(第2奏者コーラングレ持ち替え)、クラリネット(A管)2(第2奏者バスクラリネット持ち替え)、ファゴット2(第2奏者コントラファゴット持ち替え)、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ小太鼓2(スネアあり、なし)、大太鼓シンバル(合わせシンバルとサスペンディッド・シンバル)、トライアングルタムタムチェレスタハープ弦五部

演奏時間[編集]

約39分(各16分、11分、12分)

構成[編集]

以下の3楽章の構成をとる。

第1楽章 Allegro non troppo

ソナタ形式による。おおむねロ調(ロ短調)。独奏ヴァイオリンが弾きはじめる第1主題はヴェルブンコシュを踏まえた五音音階風だが、次第に音が増えていき、第2主題は12半音階の音がすべて出てくる。終盤付近にはヴァイオリン独奏で四分音まで使われる。

第2楽章 Andante tranquillo

変奏曲形式、ト調。6つの変奏によって構成される。

第3楽章 Allegro molto

ソナタ形式で、おおむねロ調。民俗舞曲的な疾走感が強い。また開始楽章の素材に基づいた主題が多用され(新しい主題もある)、バルトークの好んだアーチ形式が形成される。