ンタレ5世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ンタレ5世
Ntare V
ブルンジ国王
在位 1966年7月8日 - 11月28日
全名 Charles Ndizeye Mwambutsa
シャルル・ンディゼイェ・ムワンブツァ
出生 1947年12月2日
ベルギーの旗 ルアンダ=ウルンディ
ブルンジ王国ギテガ
死去 1972年4月29日(満24歳没)
Flag of Burundi (1967).svg ブルンジギテガ
王家 ントウェロ家
王朝 ガンワ朝
父親 ムワンブツァ4世
母親 バランパライェ
テンプレートを表示

ンタレ5世フランス語: Ntare V1947年12月2日 - 1972年4月29日)は、ブルンジ王国国王ツチ人。王位につくまではシャルル・ンディゼイェ(Charles Ndizeye)王子として知られていた。1966年7月から11月までブルンジ国王の座についていたが、クーデターによってその地位を追われブルンジ最後の国王となった。

生涯[編集]

スイスル・ロゼに留学し教育を受けた。1966年7月の反乱によって父王ムワンブツァ4世が退位した後を受けて19歳で摂政となり、同年即位した[1]。 しかし、政治の実権はミシェル・ミコンベロ首相によって握られ、ンタレ5世には名目的な権力しか残っていなかった。さらに同年11月28日、ミコンベロはクーデターを起こして王制を廃止し、ンタレ5世は西ドイツへと亡命した。

1972年4月、ンタレ5世はブルンジへと帰国したが、すぐにミコンベロによってギテガの自宅へと軟禁された。さらに、ンタレ5世の帰還と時を同じくしてフツ族の大規模な反乱が始まり、その混乱の中でンタレ5世は殺害された[2]。この反乱はミコンベロの手によって鎮圧され、約15万人が虐殺された。

脚注[編集]

  1. ^ 片山正人『現代アフリカ・クーデター全史』叢文社 2005年 p160 ISBN4-7947-0523-9C3022
  2. ^ 片山正人『現代アフリカ・クーデター全史』叢文社 2005年 p277 ISBN4-7947-0523-9C3022