ワールド・イン・ユニオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワールド・イン・ユニオンWorld In Union)は、ラグビーワールドカップのテーマ曲。 原曲はグスターヴ・ホルストの組曲『惑星』第4曲「木星-快楽をもたらすもの」の中間部[Andante Maestso]にチャーリー・スカーベックが新たに独自の歌詞をつけている。

1991年のワールドカップからテーマソングとして使われている。このときはニュージーランドソプラノ歌手キリ・テ・カナワによって歌われている。曲調は、大会ごとにアレンジされている。

日本での中継[編集]

1995年(南アフリカ大会)NHKによる中継において、「World In Union 95」がオープニングで流された。但し歌はこの大会のものだけではなく、他の大会においても独自にアレンジされている。

関連項目[編集]