ワールドビクトリーロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワールドビクトリーロード
World Victory Road
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 WVR
本社所在地 153-0042
東京都目黒区青葉台2-19-10
ドン・キホーテ本社ビル兼中目黒本店内
設立 2007年10月
代表者 平田一馬(代表取締役社長)
外部リンク 株式会社ワールドビクトリーロード
テンプレートを表示

株式会社ワールドビクトリーロードWorld Victory Road, WVR)は、東証一部上場企業・ドン・キホーテの子会社の一つ。任意団体日本総合格闘技協会の興行部門として、日本の総合格闘技大会「SRC(戦極)」を運営している。また道場も経営。2007年10月設立。

来歴[編集]

2007年、日本の総合格闘技イベントPRIDEが消滅。関係者はPRIDEの選手やスタッフの受け皿となる新団体を設立するなどし、格闘技を継続させようと試みた。そのうち、PRIDEのスポンサーを務めていた安田隆夫(ドン・キホーテCEO兼会長。コモンウェルス・エンターテインメント(略称CWE:JASDAQ上場企業)筆頭株主)や、PRIDEに協力していた日本レスリング協会会長の福田富昭、看板選手の一人吉田秀彦を擁する吉田道場を運営する会社J-ROCKらが中心となって設立された[1][2]

2007年10月15日、設立発表記者会見を行なう[3]。ワールドビクトリーロードは当初よりドン・キホーテの関連会社であり、2009年6月期より子会社とした。また、安田隆夫が所有するもう一つの会社であるコモンウェルス・エンターテインメント[4]の関連会社(2009年9月に買い増しし、30%の株主)でもある。取締役には安田隆夫が就任。初代代表取締役社長には、木下工務店代表取締役社長木下直哉が就任。取締役と広報担当にJ-ROCKの社長である國保尊弘が就任。

2008年3月5日、旗揚げ戦「戦極 〜第一陣〜」を開催。

2009年、西新宿にあった本社がドン・キホーテ中目黒本店内に移転した。社長も交替しドン・キホーテにより経営されることになった。

経営をめぐる内部対立により、國保尊弘を2009年11月25日付けで解任した[5]。以降、國保や吉田道場と完全に関係を切った。

2011年2月にドン・キホーテがWVRの経営からの撤退を検討していることが明らかになり[6]、同年3月11日付で正式にドン・キホーテの撤退が決定[7]。WVRでは「代わりのスポンサーが見つからなければ解散」として経営が危機的状況にあることを明らかにしたが、その後「戦極」公式サイトが2011年4月4日を最後に更新を停止。

2012年3月現在は本部道場(ドン・キホーテ北池袋店内)が活動を継続している以外は主だった動きがなく、事実上休眠に近い状態となっている。

一方、戦極の権利については、SRCエンタテインメントに移譲されている[8]

道場[編集]

  • 2010年7月25日、本部道場を開設する。ドンキホーテ・パウきたいけぶくろ店2階内。

脚注[編集]

  1. ^ 日本総合格闘技協会 ポストPRIDE? ドンキの会長らが新団体設立 BoutReview 2007年10月15日
  2. ^ 「吉田秀彦選手の出る場面はできました!」=『格闘技通信』発 福田富昭・日本総合格闘技協会会長が新団体の構想を激白! スポーツナビ 2007年10月21日
  3. ^ 【ニュース】総合格闘技協会&新格闘技プロモーション発足会見全文(1) 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年10月15日
  4. ^ ドン・キホーテの子会社・株式会社リアリット(旧社名・株式会社ドンキコム)のコンサルテーションをしているのがコモンウェルス・エンターテインメントである。
  5. ^ 【戦極】國保尊弘氏がWVR取締役を解任!新取締役にドン・キホーテのCCO 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年11月26日
  6. ^ 月刊「ゴング格闘技」2011年3月号に掲載された、高島学氏によるインタビュー記事に対する当社の見解と対応に関して - ワールドビクトリーロード・2011年2月1日
  7. ^ 【緊急報告】今後のSRCの活動に関して - ワールドビクトリーロード・2011年3月11日
  8. ^ WSOF+パンクラスのWSOF JAPANが、今夏両国クラスの会場で第1回大会開催へ!SRCエンタテインメントとも提携 バトル・ニュース 2014年1月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]