ワーナー・ビレッジ・シネマズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レスター・スクウェア
(ビューブランドへの改称前)

ワーナー・ビレッジ・シネマズWarner Village Cinemas)は、イギリスに本部を置いていた、シネマコンプレックスチェーンである。

1996年イギリスに、ワーナー・ブラザース・インターナショナル・シネマズ (Warner Bros. Intl. Theatres) とビレッジ・ロードショー・オーストラリア (Village Roadshow Australia) の合弁会社として設立された。

各国のワーナー・ビレッジ・シネマズ[編集]

イギリス[編集]

最も注目に値する同社の劇場はロンドンのレスター・スクウェアにあった。同劇場は親会社のワーナー映画の封切りにのみ使用されるシネマコンプレックスだった。この劇場は「視覚と音響」という2つの浮き彫り彫刻を特徴としており、この彫刻はエドワード・ベーンブリッジ・カップネイルによって制作されたものであった。

2003年5月、イギリスではSBCインターナショナル・シネマズ (SBC International Cinemas) に買収され、2004年3月には全館がビュー (Vue) に改称された。2009年にはベネトンに買収され、メディアセット (Mediaset) と合併し、メデューサシネマ (Medusa Cinema) と統合されスペースシネマ (The Space Cinema) となった。一時期[いつ?]、ワーナー・ビレッジ・シネマズはロンドン・ウィークエンド・テレビ天気予報のスポンサーだった。

イタリア[編集]

イタリアは現在も運営されているうちの1つである。特筆すべきはワーナー・ブラザース・インターナショナル・シネマズ、ビレッジ・ロードショー・オーストラリアにイタリア国内の共同事業者としてフォーカスSRLを加えた3社の合弁事業だと言うことである。

台湾[編集]

台湾でも運営をしており、ワーナー・ビレッジ・センターと言う映画館とショッピングセンターの複合施設を開業している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]