ワーナー・ビショフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワーナー・ビショフ(Werner Bischof、1916年4月26日 - 1954年5月16日)は、スイス写真家フォトジャーナリスト。「ヴェルナー・ビショフ」と表記されることもある。

略歴[編集]

スイスのチューリヒに生まれる。

スイスの写真家ハンス・フィンスラーHans Finsler)に写真を学ぶ(1934年ごろ)。

第二次世界大戦後、戦争の惨禍を積極的に撮影し、発表する。1949年に、マグナム・フォトに参加(創立者以外の写真家としては、エルンスト・ハースとともに初めての参加)。海外の取材を多くこなす。来日したときの写真作品も残している。

1954年に取材でペルーアンデス山中を走行中、乗っていた自動車が崖へ転落し、同行していた2名とともに死去。

日本での展覧会[編集]

海外での主要な展覧会[編集]

  • Big retrospective "Werner Bischof 1916-1954"
    • Casal Solleric Gallery, Palma de Mallorca, 2004

主要作品[編集]

  • 笛吹きの少年(Fluteplayer, ペルー、1954年)(歩きながらたて笛を吹く少年を横からとらえた作品)
  • 母と子(Mother and child, インド、1951年)(小さな赤ん坊を抱え、何かを訴えるかのように開いた右手を掲げる母親の像)

外部リンク[編集]