ワンダーボーイ モンスターランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワンダーボーイ モンスターランド
スーパーワンダーボーイ モンスターワールド
ジャンル アクションRPG
対応機種 アーケード[AC]
セガ・マークIII[MkIII]
開発元 ウエストン
発売元 セガ
人数 [AC]:1~2人交互プレイ
[MkIII]:1人
メディア [MkIII]:ロムカセット(2Mbit)
発売日 [AC]:1987年8月
[MkIII]:1988年1月31日
システム基板 セガ・システム2[1]
テンプレートを表示

ワンダーボーイ モンスターランド』(WONDERBOY MONSTER LAND)はウエストンが開発し、1987年8月にセガより発売されたアーケードゲームワンダーボーイの続編。

概要[編集]

主人公のブック少年が悪の化身ドラゴンを倒すための冒険をくり広げるアクションRPG。各ステージの最後にはボスキャラがいる。制限時間が砂時計で表示されており、砂時計が尽きるとライフがひとつ減る。ライフが無くなるとゲームオーバー。

8方向レバー、2ボタン(アタック、ジャンプ)によって操作する。モンスターを倒すことで得たゴールドを用いて、武器などの装備、アイテムを購入可能。

2011年6月21日にはWiiバーチャルコンソールアーケードで配信開始された。

移植作品[編集]

ビックリマンワールド
1987年10月30日発売のPCエンジン用ソフト。主人公やボスキャラが『ビックリマン』悪魔VS天使シリーズに差し替えられている。ハドソンからの発売。
スーパーワンダーボーイ モンスターワールド
1988年1月31日発売のセガ・マークIII用ソフト。新ステージやボスキャラが追加されたほか、FMサウンドユニットに対応していた。2008年12月24日にはWiiバーチャルコンソールで配信開始された。
同作よりワンダーボーイシリーズからモンスターワールドシリーズが派生した。
西遊記ワールド
1988年11月11日発売のファミリーコンピュータ用ソフト。主人公やボスキャラが西遊記に差し替えられている。ジャレコからの発売。
セガエイジス2500シリーズ Vol.29 モンスターワールド コンプリートコレクション
2007年3月8日発売のプレイステーション2用ソフト。アーケード版とセガ・マークIII版が収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]