ワンダーガールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワンダーガールズ
}
基本情報
出身地 韓国の旗 韓国
ジャンル K-POP
活動期間 2007年 - 現在
レーベル DefSTAR Records (日本)
事務所 JYPエンターテインメント
公式サイト wondergirls.jype.com
メンバー
ソネ
イェウン
ユビン
ヘリム
旧メンバー
ヒョナ
ソンミ
ソヒ
ワンダーガールズ
各種表記
ハングル 원더걸스
発音: ウォンドゴールズ
ローマ字 Wonder Girls
テンプレートを表示

ワンダーガールズ(원더걸스、Wonder Girls)は、韓国出身の5人組女性歌手グループ。2007年2月10日にデビュー。 JYPエンターテインメントに所属。「Tell Me」が大ヒットし、韓国のアイドルブームの火付け役となった。アメリカ中国での活動も積極的である。レトロ風の音楽とファッションを特徴とする。

来歴[編集]

デビュー前[編集]

2001年7月、SBSの番組『超特急 日曜日万歳』の中で、歌手でありプロデューサーでもあるパク・ジニョンによってソネが選抜され、彼女を主軸としたグループを作ることとなった。その後公開オーディションを通じてヒョナ、ソヒ、ソンミが選抜され、5人目のメンバーであるイェウンは、デビュー1ヵ月前の2007年1月にMTV・ダウム主催『UCC スター選抜大会』で選抜されて合流した。godピ (Rain)などのスター歌手を育てたパク・ジニョンが企画したグループということで、デビュー前から大きな話題を呼び、デビューまでの過程はMTV『Wonder Girls』にて放映された。

2007年:苦難のデビュー ~「Tell Me」の大ヒット[編集]

「Irony」

2007年2月10日、デビューシングル『The Wonder Begins』を発売し、タイトル曲「Irony」で活動を行った。

デビュー以降、ワンダーガールズは多くの困難を経験した。6月12日、ソヒが映画の撮影中にバイク事故で負傷し、約1カ月間4人での活動を余儀なくされた。また7月30日にはヒョナの脱退が発表された。活動初期から体調が思わしくなかったヒョナについて、事務所側が今後の正常な芸能活動は不可能と判断したものだった[1]。以降は残ったメンバー3人で活動を行った。メンバー達はこの時期が最も大変だったと語っている。

2007年9月、ヒョナの代わりに新メンバーのユビンが合流した。ユビンは別の事務所でデビューの準備を進めていたが、事務所の経営悪化により叶わず、オーディションに応募してワンダーガールズに合流することになった。

9月13日、初の正規アルバム『The Wonder Years』を発売したが、リリース翌日の9月14日、ワンダーガールズはイベントからの帰り途に交通事故に巻き込まれる。衝突した相手方のタクシー運転手は死亡、マネージャーとメンバーも軽傷を負い、4日間入院した。事務所の配慮によりしばらく休養期間を取り、2週間後の9月27日より活動を再開した。

「Tell Me」

『The Wonder Years』のレトロなコンセプトに合わせて、衣装やヘアスタイルなどは1980年代風にアレンジされた。タイトル曲の「Tell me」は、Stacey Qの「Two Of Hearts」をサンプリングした軽快なメロディに、「Tell me, Tell me, T-T-T-T-T-Tell me...」という中毒性のあるリフレーンが印象的な曲で、発売以降爆発的な人気を博した。KBS『ミュージックバンク』で5回、MBC『ショー!K-POPの中心』で4回、『SBS人気歌謡』で3回の1位を獲得。メロン、トシラク、JukeOnなどの音楽サイトが発表した週間ランキングでは8週連続で1位を獲得した。 「Tell Me」は楽曲のみならず、その印象的な振り付けも話題となり、学生・警察・軍人などのファンがダンスを真似た多くの動画がアップロードされ、また多くの芸能人がテレビで振り付けを真似てみせた。このようなブームは「Tell me シンドローム」「Tell me 熱風」と表現され、ワンダーガールズは「国民の妹」と呼ばれる人気グループとなった。『The Wonder Years』の売り上げは、発売から年末までの4ヶ月で、年間ランキング、ハンターチャート基準で約4万枚で21位、韓国音盤産業協会基準で4万7927枚で15位を記録した。

2008年:続く復古ブーム[編集]

「So Hot」
「Nobody」

1stアルバムでの活動を終えると、海外の活動に積極的に参加した。アメリカにてMTV『Wonder Girls: シーズン3』の撮影を始め、JYP所属歌手とともに「The JYP Tour」に参加し、ロサンゼルスニューヨークで公演を行った。また、タイで開かれたファンミーティングには約1万人が集まった。

5月22日には2ndシングル『So Hot』、9月30日には3rdシングル『The Wonder Years - Trilogy』(タイトル曲は「Nobody」)を発売。80年代のダンスミュージック復古であった「Tell me」に続き、「So Hot」は70年代の復古、「Nobody」は60年代の復古というコンセプトにより作られた。これら2つのシングルは各種オンラインチャートや音楽番組で1位を獲得し、「Tell me」同様に爆発的な人気を得た。 年末には韓国三大音楽賞といわれる「MKMF」「ソウル歌謡大賞」「ゴールデンディスク賞」で大賞を受賞した。

2009年:1stツアー、北米進出[編集]

ワンダーガールズは当初、中国進出を目標としていたが、「The JYP Tour」や「ニューヨーク秋夕大祭典」への出演をきっかけにアメリカでの活動も始めた。2008年2月には「Tell Me」をアメリカで発売しようという提案を受け、JYPはワンダーガールズの活動戦略を中国進出からアメリカ進出へと修正し、アメリカ最大の芸能エージェンシーのCAAとマネジメント契約を結んだ。

2009年3月、ワンダーガールズは韓国の女性グループとしては10年ぶりとなる単独コンサートツアー「The 1st Wonder」を開催。タイのバンコク、アメリカのロサンゼルスオレンジニューヨーク、韓国の釜山ソウルにて計6回のコンサートを行った。ツアーを終えるとすぐにニューヨークに渡り、英語の研修を受けてアメリカ本格進出の準備を行った。

2009年6月、ロックバンド「ジョナス・ブラザーズ」の全米ツアーのオープニング舞台への出演を依頼され、6月27日から8月5日の間に計49回、約150万人の観客の前で公演を行った。この期間ワンダーガールズはツアーバスで移動しながら生活するという過酷な日々を過ごした。7月21日には米FOX放送のトークショー「Wendy Williams Show」にて彼女らの活動が紹介された。 満を持して10月に「Nobody」英語バージョンが発売されると、ビルボードホット100チャートで76位を記録した。ビルボード・ホット100へのランクインは韓国人歌手として史上初の快挙であった。12月8日にはFOX放送の人気番組「So You Think You Can Dance」に出演し、Googleで検索順位1位になるなど熱い反応を得た。ワンダーガールズは他のメディアでも「アジアのスパイス・ガールズ」と紹介された。

2010年:ソンミの活動休止、北米ツアー[編集]

2010年2月20日にアメリカで最後のコンサートを行った後、ソンミが大学進学を理由にして活動を休止した。事務所によると脱退ではなくあくまで活動休止であり、ソンミが希望すればいつでもグループに合流させるつもりだという。代わりに新メンバーとしてヘリムが合流した。その後「Nobody」中国語版を発売し、中国圏での本格的な活動を始めた。2月22日には台湾香港でスペシャル・アルバムを発売し、現地の各種音楽チャートにランクインした。

海外での活動を終えると、5月16日に4thシングル「2 Different Tears」を発売。このCDは韓国語、英語、中国語の3カ国語で発売された。発売日にはロサンゼルスにて発売開始イベント行い、この様子は全世界に生中継された。公開後すぐに韓国の各種音源チャート1位を席巻し、アメリカではiTunesのアルバムチャートで39位を記録。わずか2週間の韓国での活動の後、すぐにアメリカに向かい、6月4日から北米ツアー「Wonder Girls World Tour」を開始し、アメリカ本土、カナダハワイの各地を巡って計27回の公演を行った。6月24日にはソネの父親が死去したという知らせを受け、一時帰国することとなったが、6月29日からツアーを再開した。 7月には「2 Different Tears」がビルボード「ヒートシーカーズ・チャート」[2]で21位を記録した。

2011年:「Be My Baby」[編集]

2011年11月7日、2枚目の正規アルバム『Wonder World』を発売。タイトル曲「Be My Baby」はガオン・デジタル総合チャートで1位を獲得、ビルボードK-Popホット100でも1位を占めた。各種音楽番組でも1位を獲得。

2012年:日本進出[編集]

2012年2月2日、米国Teen Nickチャンネルの映画「The Wonder Girls」で主演。同時に映画の挿入歌である「The DJ Is Mine」を韓米同時に発売した。 6月3日、ミニアルバム『Wonder Party』を発売。 7月25日にデフスターレコーズから、「Nobody」日本語版を含んだ日本デビューアルバム『Nobody For Everybody』を発売する[3]

2013年:ソネ結婚[編集]

1月26日、ソネが5歳年上の韓国人宣教師ジェームズ・パク氏と結婚した。第一子を妊娠中であると報じられた。結婚式後カナダに出国し、5月初旬に帰国していたが、7月26日には出産・子育てのためカナダ・モントリオールの新居に移った[4][5]

ヘリムを除いた他のメンバーたちは、年末と来年の頭に専属契約期間が終了するため、Wonder Girlsが活動を再開する可能性はさらに低いと見られる[6]

2014年:ソヒ脱退[編集]

2013年12月12日付でJYPエンターテイメントと専属契約が終了したソヒは演技の道へ進むため再契約を拒否、2014年2月10日にTwitterを通じてイ・ビョンホンのBHエンターテイメントに移籍したことを報告した[7]

メンバー[編集]

ソネ선예SunYe)(USA-> Sun)
  • 本名:ミン・ソネ (閔先藝:민선예
  • 1989年8月12日(25歳)
  • 身長:162cm
  • 体重:45kg
  • 血液型:A型
  • チームリーダー、ボーカル
  • メンバーの中で、お母さん的存在
イェウン예은YeEun)(USA-> Yenny)
  • 本名:パク・イェウン (朴譽恩:박예은
  • 1989年5月26日(25歳)
  • 身長:165cm
  • 体重:47kg
  • 血液型:AB型
  • ボーカル
  • メンバー内で、一番の声量の持ち主
  • メンバーの中で、お父さん的存在
  • 食いしん坊
ユビン유빈YuBin
  • 本名:キム・ユビン(金瑜斌:김유빈
  • 1988年10月4日(25歳)
  • 身長:163cm
  • 体重:45kg
  • 血液型:O型
  • ラップ、ボーカル
  • 2007年9月グループに合流
  • 五少女メンバー
ヘリム혜림HyeRim)(USA-> Lim)
  • 本名:ウ・ヘリム(禹惠林:우혜림
  • 1992年9月1日(21歳)
  • 身長:164cm
  • 体重:46kg
  • 血液型:O型

元メンバー[編集]

ヒョナ현아HyunA
  • 本名:キム・ヒョナ(金泫雅:김현아
  • 1992年6月6日(22歳)
  • 身長:164cm
  • 体重:44kg
  • 血液型:O型
  • ラップ、ボーカル
  • 2007年7月、健康上の理由により脱退。
  • 現在4minuteのメンバー
ソンミ선미SunMi)(USA-> Mimi)
  • 本名:イ・ソンミ(李宣美:이선미かつてはソン・ミであったが、両親の再婚により、改名した。)
  • 1992年5月2日(22歳)
  • 身長:164cm
  • 体重:43kg
  • 血液型:AB型
  • ボーカル
  • コンプレックスは、食べても、食べても太らない体形
ソヒ소희SoHee
  • 本名:アン・ソヒ(安昭熙:안소희
  • 1992年6月27日(22歳)
  • 身長:165cm
  • 体重:48kg
  • 血液型:AB型
  • ボーカル
  • 以前は、ソンミと人気を分け合ってきたが、ソンミが脱退してから、不動の人気である

メンバー 変遷史[編集]

メンバー\年度 2007 2008 ~ 2009 2010 2011 ~ 現在
2月 7月 9月 1月 2月
ソネ
イェウン
ソンミ
ヒョナ
ソヒ
ユビン
ヘリム

ディスコグラフィ[編集]

以下のリンクはすべて韓国語版。

シングル
ハンターチャート基準 13,000枚、78位。
韓国音盤産業協会基準 11,454枚、72位。
アルバム
デジタル・シングル
  • 「すまない心 〜tears〜」(미안한 마음 〜tears〜)(2007年4月)
  • 「チョヨチョヨ」(쪼요쪼요)(2007年11月、「ミニゲーム天国3」挿入歌)
  • 「Army Song」(2008年2月、韓国陸軍本部広報ソング)
  • 「Anybody」(2008年11月)

出演[編集]

テレビ番組[編集]

2007年
  • MTV『Diary of 五小女』(ユビン)
  • MTV『Wonder Girls シーズン1:Wonder Girls』
  • MTV『Wonder Girls シーズン2:Wonder Life』
  • MBC『ショー!K-POPの中心』 MC(ソヒ、キム・ヒョナ
2008年
  • MBC『ショー!K-POPの中心』 MC(ソネ、ソヒ)
  • MTV『Wonder Girls シーズン3:Sens In New York』

映画[編集]

2008年
  • 『お熱いのがお好き』(뜨거운 것이 좋아、ソヒ)

コンサート[編集]

  • The JYP Tour(2008年、アメリカニューヨーク
  • The 1st Wonder (2009年、6回公演)
  • Wonder Girls World Tour (2010年、27回公演)

受賞歴[編集]

年度 受賞歴
2007
  • 第9回Mnet Km Music Festival (MKMF) - 最優秀新人女性グループ賞
  • 第8回大韓民国国会大衆文化&メディア大賞 - ポップ歌謡賞
  • 第8回大韓民国音楽芸術祭 - フォトジェニック賞
  • 第22回ゴールデンディスク賞 - デジタル音源部門大賞
  • 第22回ゴールデンディスク賞 - 人気賞
2008
  • 第17回ソウル歌謡大賞 - 新人賞
  • 第5回韓国大衆音楽賞 - 最優秀ダンス&エレクトロニック賞(Tell me)
  • 第10回Mnet Km Music Festival (MKMF) - 最優秀女性グループ賞
  • 第10回Mnet Km Music Festival (MKMF) - 最優秀ミュージックビデオ作品賞(Nobody)
  • 第10回Mnet Km Music Festival (MKMF) - ソング・オブ・ザ・イヤー(Nobody)
  • 第9回大韓民国音楽芸術祭 - フォトジェニック賞
  • 第25回韓国ベストドレッサー賞 - 歌手部門ベストドレッサー賞
  • 第23回ゴールデンディスク賞 - デジタル音源大賞
  • 2008韓国ファッション&デザイン賞 - スタイルアイコン賞
2009
  • 2009アジアモデルフェスティバルアワード - アジアスター賞
  • 第18回ソウル歌謡大賞 - 大賞
  • 第18回ソウル歌謡大賞 - 本賞
  • 第18回ソウル歌謡大賞 - デジタル音楽賞
  • 第6回韓国大衆音楽賞 - グループ・オブ・ザ・イヤー

脚注[編集]

  1. ^ ヒョナは後に4minuteのメンバーとして再デビューを果たした。
  2. ^ それまでに「ビルボード200」にランクインしたことのないアーティストのアルバムチャート。
  3. ^ “Wonder Girls、7月発売の日本デビュー盤に「Nobody」日本語版収録”. Tower Records. (2012年5月10日). http://tower.jp/article/news/2012/05/10/s01 
  4. ^ cinematoday
  5. ^ wowcorea
  6. ^ kstyle
  7. ^ 소희 BH엔터테인먼트 "연기자 꿈, 원걸 멤버-JYP 식구 지지에 용기"”. 10 February 2014. M-Wave. 2014年3月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]