ワレンチン・カターエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワレンチン・カターエフ

ワレンチン・ペトローヴィチ・カターエフ(Valentin Petrovich Kataev:Валентин Петрович Катаев、1897年1月16日 - 1986年4月12日)は、ソビエト連邦小説家である。

オデッサに生まれる。10歳のときから詩作を始める。第一次世界大戦に従軍、兵士の生活に取材したルポ等を書く。1920年代からモスクワに住み、国内戦をあつかった作品で世に知られるようになる。1932年、「時よ、前進!」を書き、ソビエト政権を守る立場を明確にした。

代表作はオデッサを舞台にした『黒海の波』4部作である。

日本語訳[編集]

参考文献[編集]