ワレリアン・ボロズウィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァレリアン・ボロフチック
Walerian Borowczyk
生年月日 1923年9月2日
没年月日 2006年2月3日(満82歳没)
出生地 ポーランドの旗 ポーランドポズナン
職業 映画監督
主な作品
インモラル物語罪物語夜明けのマルジュ

ヴァレリアン・ボロフチックWalerian Borowczyk, 1923年9月2日 - 2006年2月3日)は、ポーランド映画監督。1946年から1988年にかけて40本あまりの映画を撮った。

名前について[編集]

アテネ・フランセで行われたポーランド映画祭、及び彼の特集ではヴァレリアン・ボロフチクと表記していたが、公開作が途絶えてビデオ発売、DVDスルーなどが始まるとともに、ボロウズィックボロヴツィクボロフツィックボローズィックボロズウィックなど様々な表記が氾濫した。2006年の国外での訃報記事訃報では、rowをロヴとするボロヴチック(bo-ROV-chick)という発音である伝えるものもあれば、ボロフチックとするものもあった。いずれにしろ、Bo-row-czy-kという音節である。

生涯[編集]

ポズナン近郊のKwilczに生まれる。クラクフの美術学校で絵画を学ぶ。卒業後、絵画とリトグラフの仕事をしだすが[1]、その中には、映画のポスター制作も含まれる[2]。それらにより、1953年、国の賞を受ける。1959年にパリに移住。

彼の初期の映画は、シュルレアリスムの短編アニメーションだった。中でも評価の高かった作品に、『Był sobie raz(Once Upon A Time)』(1957年)、『Dom(House)』(1958年、ヤン・レニッツアと共同)がある。1959年クリス・マルケルと『宇宙飛行士』を作る。この時期の主な作品には、『Jeux des anges』(1964年)、ストップモーション・アニメーションの『Renaissance』(1963年)がある。『Renaissance』では、祈祷書やぬいぐるみのおもちゃの破壊を逆回転で描かれる。壊されたものが元の形に修復されていくわけだが、最後に元に戻るのは爆弾であった。1967年、初の長編アニメーション映画『Théâtre de Monsieur & Madame Kabal: un film dessiné pour les adultes(Mr. and Mrs. Kabal's Theatre)』を撮る。

ボロフチックは、『愛の島ゴトー』(1968年)、『Blanche』(1971年)から、実写による長編映画の製作に移行する。どちらも、嫉妬深い夫とその妻(演じるのはともにリジア・ブラニス)の姦通の物語である。この時期、最も評価されたのは、カンヌ国際映画祭に正式出品作品にも選ばれたステファン・ジェロムスキ原作のポーランド文学の古典の映画化『罪物語』(1975年)である。古典の映画化では、モーパッサン原作で、ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した短編『Rosalie』(1966年)もある。『罪物語』は、誘惑と嬰児殺しというテーマに成功している。『インモラル物語』(1974年)と、スタンダールの『ローマ散歩』にインスパイアされた『修道女の悶え』(1977年)、『愛の化身』(1984年)などでは、独特のシュールな描写が称賛される一方で、中身のないポルノグラフィという批判も受けた。とくに、プロスペル・メリメの『ロキス』を原作とする『邪淫の館 獣人』(1975年)と、1972年に1本の映画として映画化を企画していた『インモラル物語』の第5話は、『罪物語』で得た監督の栄誉を著しく貶めることとなった。アド・キルーを著名な批評家が絶賛したフランスでさえ、そうである。

1979年の『ルル』は、同年パリ・オペラ座で3幕補遺版の初公演でも話題となったアルバン・ベルクの歌劇と同じフランク・ヴェーデキントの戯曲《地霊》と《パンドラの箱》をベースにしたものである。1981年は『ジキル博士とハイド氏』の映画化『ジキル博士と女たち 暴行魔ハイド』をウド・キアパトリック・マギーの主演で取り組む。ここで描かれたジキル博士は、ヴィクトリア時代の道徳に対しての暴力的反乱の象徴だった。キム・ニューマン1988年に出した『Nightmare Movies』という本の中で、この映画について、「暗い、厭世的、おもしろいくらい攻撃的」と述べている。1984年には『悪魔の三連譜』という短編で一時的にアニメーションに復帰。1987年には、『エマニエル夫人』シリーズの『エマニエル5』を撮る。この映画は、ビデオのみのハードコア・ヴァージョンもある。もっとも彼は、主演女優モニク・ガブリエリのキャスティングに反対し、完成した映画に満足していなかった。1988年1990年、フランスのテレビ局M6で『Série rose: Les Chefs d'œuvre de la littérature érotique』というシリーズものの数話を監督。

彼の映画の多くでは、歴史劇のセットが使われている。『濡れた貴婦人』(1984年)ではオウィディウス(映画にも登場し、詩を披露する)の時代の、『Blanche』では中世の、そして『インモラル物語』では、19世紀16世紀、およびローマ教皇アレクサンデル6世が統治する時代が舞台となっている。

アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ原作の映画も多い。『インモラル物語』の中の『満潮』、『夜明けのマルジュ』(1976年、原作は『余白の街』)、『インモラル物語2』(1979年)の中の『Marceline』、そして『愛の化身』。1973年の『Une collection particulière』では、マンディアルグはナレーションの台本を書き、ナレーターも勤めている。

映画を離れてからは、『Anatomia diabła(Anatomy of Devil)』(1992年)と、『Moje polskie lata(My Polish Years)』(2002年)という小説を執筆した。

2006年、心不全のため、パリで死去。

参考文献[編集]

  • Immoral Tales: European Sex & Horror Movies 1956-1984 (1994) by Cathal Tohill and Pete Tombs (with a chapter dedicated to Borowczyk).
  • Nightmare Movies (1988) by Kim Newman.

外部リンク[編集]