ワルツ集 (ブラームス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラームス

4手のためのワルツ集(または16のワルツ)》作品39は、ヨハネス・ブラームスによるピアノのための連弾曲集。1865年に出版され、畏友エドゥアルト・ハンスリックに献呈された。作曲者自身の見込みに反して、ビーダーマイヤー時代における家庭音楽への需要の高さから、売上げは非常に好調で、ほかに独奏版も発表された。また、作曲者自身の編曲による2台ピアノ版(第1、2、11、14、15番のみ)も発表されている。ショパンのような高雅な洗練には欠けるものの、総じて小ぶりで親しみ易い。楽曲ごとに様々な性格の違いが見られ、ウィンナワルツよりもレントラーに近いもの、リズムに凝ったもの、スラヴ風の愁いを含んだもの、ハンガリー風のにぎやかな曲想をもつもの、子守唄風のもの、夜想曲風のものとさまざまである。しかし、簡潔で素朴なうちにも、緊密で明晰な形式感や、音楽的な趣味といったブラームス作品の特徴が凝縮されており、ちょうどショパンの場合の《前奏曲集》作品28と似たような特質を帯びている。

各版の調性の違い[編集]

曲の配列は以下の通り。特に15番は、曲集中で最も有名な楽曲である。なお、独奏版では容易に書き改めた版が存在するが、通常版とは調が異なる曲が存在するので、それらを記述する。

番号 原調 ピアノ独奏版 2台ピアノ版
容易版 通常版
第1番 ロ長調 原調通り 原調通り
第2番 ホ長調
第3番 嬰ト短調 -
第4番 ホ短調
第5番 ホ長調
第6番 嬰ハ長調 ハ長調 原調通り
第7番 嬰ハ短調 原調通り
第8番 変ロ長調
第9番 ニ短調
第10番 ト長調
第11番 ロ短調 原調通り
第12番 ホ長調 -
第13番 ハ長調 原調通り ロ長調
第14番 イ短調 嬰ト短調
第15番 イ長調 変イ長調
第16番 ニ短調 嬰ハ短調 -

メディア[編集]