ワニグチツノザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワニグチツノザメ
Trigonognathus kabeyai head 1.jpg
ワニグチツノザメ Trigonognathus kabeyai
保全状況評価[1]
DATA DEFICIENT (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ツノザメ目 Squaliformes
: カラスザメ科 Etmopteridae
: ワニグチツノザメ属 Trigonognathus
: ワニグチツノザメ T. kabeyai
学名
Trigonognathus kabeyai
Mochizuki & Ohe, 1990
和名
ワニグチツノザメ (鰐口角鮫)
英名
Viper dogfish

ワニグチツノザメ(鰐口角鮫、英: Viper dogfish、学名: Trigonognathus kabeyai)は、ツノザメ目カラスザメ科に属するサメ。1990年、和歌山県潮岬沖水深330mで得られた標本を元に、望月賢二と大江文雄によりカラスザメ科の新属新種として記載された[2]。属名Trigonognathus は三角形の顎から、種名kabeyaiは発見者の名前に因む。

分布・生息域[編集]

Trigonognathus kabeyai distmap.png

主に日本近海、和歌山県沖(熊野灘)や高知県沖、小笠原諸島で見つかっている。その他、ハワイから1例が知られている。

形態[編集]

最大全長539mm[3]。体型は円筒型。体色は濃褐色。吻は丸く、極めて短い。口の形状は三角形。ミツクリザメ Mitsukurina owstoni のように、上顎を前方に突出させることができる。両顎歯は同形。上下とも正中歯が1本、両側に7-8本の針状歯を備える。歯はやや内側を向き、先端は鋭く尖る。体腹面と頭部に発光器をもつ。

生態[編集]

主に硬骨魚類を捕食する。他のカラスザメ科のサメには見られない特徴として、上顎が突出することと針状歯をもつことから、歯を獲物に突き刺して捕獲し、丸呑みにすると考えられている[4]。日周鉛直移動し、昼間は中層にいるが、夜間は表層付近まで上がって餌をとると考えられる。

成熟サイズは、雄で全長約430mm、雌で全長約520mm。

人との関わり[編集]

非常に珍しい種で、これまでに日本とハワイからわずかな報告があるのみ。底曵き網などで稀に混獲される程度。

参考文献[編集]

  1. ^ Yano, K. 2004.0. Trigonognathus kabeyai. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 28 October 2010.
  2. ^ K. Mochizuki and F. Ohe (1990). “Trigonognathus kabeyai, a New Genus and Species of the Squalid Sharks from Japan”. Japanese Journal of Ichthyology 36 (4): 385-390. 
  3. ^ K. Yano, K. Mochizuki, O. Tsukada and K. Suzuki (2003). “Further description and notes of natural history of the viper dogfish, Trigonognathus kabeyai from the Kumano-nada Sea and the Ogasawara Islands, Japan (Chondrichthyes: Etmopteridae)”. Ichthyological Research 50: 251-258. 
  4. ^ S. Shirai and O. Okamura (1992). “Anatomy of Trigonognathus kabeyai, with Comments on Feeding Mechanism and Phylogenetic Relationships (Elasmobranchii, Squalidae)”. Japanese Journal of Ichthyology 39 (2): 139-150. 
  • "Trigonognathus kabeyai" Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2010. FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (09/2010).