ワット・タイラーの乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワット・タイラーの乱
Peasants' Revolt
Richard II meets rebels.jpg
ワット・タイラーの反乱軍と会見するリチャード2世
戦争:農民による反乱
年月日:1381年5月30日 - 1381年11月
場所イングランドの旗 イングランド
結果:国王の勝利
交戦勢力
農民反乱軍 イングランドの旗 イングランド
指揮官
ワット・タイラー 
ジョン・ボール 
リチャード2世

ワット・タイラーの乱(Wat Tyler's Rebellion)は、1381年イングランドで起きた農民の反乱である。指導者は、神父ジョン・ボールワット・タイラー英語では「Peasants' Revolt(「農民反乱」の意)」と呼ぶことが多い(「Great Rising」とも呼ばれる)。また起きた年が1381年であることから、単に「1381年の農民反乱」と言われることもある。

内容[編集]

反乱の背景には、まず1338年に始まる百年戦争がある。この戦争が長期化するにつれ、イングランドの国家財政は大幅な赤字を抱えた。これに対処すべく、王は農民に対し人頭税などの課税強化を行った。

次に、当時黒死病と呼ばれたペストが大流行したため、労働力不足に悩んだ領主が農民の移動の自由を奪い農奴制を強化していった。

これらの背景から、農民の反乱が急速に拡大し、指導者のワット・タイラーはケント地方から徒党を組んでロンドンに向かい、ついにはロンドンを占領した。反乱集団は土地証書を焼却し、カンタベリー大司教大法官であった サイモン・オブ・サドベリーを殺害するなど暴力行為を行った。

反乱軍は、リチャード2世に謁見を求めた。1回目にロンドン郊外のマイル・エンドで行われた会見では、国王が農奴制廃止や反乱参加者への恩赦など反乱軍の諸要求を全面的に認める姿勢を示したため、一部の勢力は反乱から離脱した。しかし、引き続き会見を求めた勢力と2回目の会見がスミスフィールドで行われ、さらに教会財産の分配などを要求した。この際、王の傍にいたロンドン市長ウィリアム・ウォルワースがタイラーを斬りつけ殺害してしまった。その後、国王は反撃に転じ、ジョン・ボールなどその他の指導者も相次いで絞首刑にされ、反乱は鎮圧された。

関連項目[編集]