ワッセルマン反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワッセルマン反応 (-はんのう)とは、梅毒トレポネーマによる感染を検出する手法(梅毒血清反応)のひとつ。抗原にカルジオリピン-レシチン抗原を用いる。梅毒以外の疾患でも陽性となる場合がある(偽陽性)。

症状と結果の対応[編集]

梅毒は第1期・第2期・第3期・第4期と症状が進行する。

偽陽性となる場合[編集]

マラリア結核妊娠などの場合にもワッセルマン反応が陽性となる場合がある。

梅毒感染の診断[編集]

梅毒血清反応だけでは偽陽性の問題があるため、梅毒トレポネーマの抗原を用いて病原体に対する抗体を測定する。トレポネーマ抗原検査をあわせて行い、診断がなされる。