ワシントン・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワシントン・ルイス・ペレイラ・ヂ・ソウザ
Washington Luís Pereira de Sousa
Presidentwashluis.jpg

任期 1926年11月15日1930年10月24日

出生 1869年10月26日
マカエー
死去 1957年8月4日(満87歳没)
サンパウロ
政党 サンパウロ州共和党
配偶者 フェルナンド・デ・メロ・ヴィアナ
署名 Assinatura de Washington Luís.png

ワシントン・ルイス・ペレイラ・ヂ・ソウザWashington Luís Pereira de Sousa1869年10月26日-1957年8月4日)は、ブラジルの政治家。1926年から1930年まで、第13代ブラジル連邦共和国大統領を務めたが、後継指名の失敗によりクーデターを起こされ、ブラジル第一共和制の終焉を招いた。

経歴[編集]

ルイスは1869年10月26日、リオデジャネイロ州マカエーに生まれ、後にサンパウロ州へと移住した。弁護士になったあと政界に転じ、1914年にはサンパウロ市長、1920年にはサンパウロ州知事に就任し、1926年にはブラジル大統領に就任した。当時は特に有力な州であるサンパウロ州代表とミナスジェライス州代表が同盟を組んで交互に大統領に就任するというカフェ・コン・レイテ体制下にあり、ルイスの就任もその延長線上にあった。しかし1929年大恐慌によりコーヒーの輸出が激減してブラジル経済は混乱に陥り、コーヒー輸出を力の源泉としていたサンパウロ州の力も弱まった[1] 。さらにルイスは後任の大統領にミナスジェライス州が推す候補を退けて、サンパウロ州知事ジュリオ・プレステスを推挙したため、両州同盟にひびが入り、ミナスジェライスは両州に次ぐ第3位の実力を持つリオ・グランデ・ド・スル州知事ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガスを大統領候補に擁立し、リオ・グランデ・ド・スル州やパライバ州と自由同盟を組んで選挙戦に臨んだ。1930年3月1日の大統領選挙はプレステスが勝ったものの、これに不満なリオ・グランデ・ド・スル州とミナスジェライス州、パライバ州は10月3日に蜂起し、サンパウロ州・リオデジャネイロ州・バイーア州パラ州を除くすべての州が反乱に同調したため[2] 、ルイスは10月24日に辞任を余儀なくされた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「概説ブラジル史」p121 山田睦男 有斐閣 昭和61年2月15日 初版第1刷
  2. ^ 「ラテンアメリカ 自立への道」p149 染田秀藤編 世界思想社 1993年6月10日第1刷 
  3. ^ 「概説ブラジル史」p136 山田睦男 有斐閣 昭和61年2月15日 初版第1刷
公職
先代:
アルトゥール・ベルナルデス
ブラジルの旗 ブラジル連邦共和国大統領
第13代:1926年 - 1930年
次代:
ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス
先代:
Altino Arantes
Bandeira do governador do estado de São Paulo.svg サンパウロ州知事
1920年 - 1924年
次代:
Carlos de Campos
先代:
Raimundo da Silva Duprat
Bandeira da cidade de São Paulo.svg サンパウロ市長
1914年 - 1919年
次代:
Álvaro Gomes da Rocha Azevedo