ワシリー・ミトロヒン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワシリー・ミトロヒンVasili Nikitich Mitrokhin 1922年3月3日 - 2004年1月23日)は、元ソビエト連邦ソ連国家保安委員会(KGB)の元幹部要員である。ソ連崩壊後の1992年4月に大量の旧KGBの極秘文書とともにイギリス亡命した。これらの極秘文書は後にケンブリッジ大学教授クリストファー・アンドリューと共に分析しMitrokhin Archivesミトロヒン文書)として発表された。この文書には、旧KGBが西側諸国で行っていたスパイ行為が赤裸々に綴られており、西側諸国に衝撃を与えた。

生い立ち[編集]

ミトロヒンはロシアリャザン州で1922年に生まれた。カザフの大学で法律歴史の学位を取得した。

経歴[編集]

諜報活動[編集]

第二次世界大戦後の1948年より、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の国務省(MGB)で対外諜報活動を始める。 1950年代には彼は諸外国で潜入諜報活動を始める。1956年にはメルボルンオリンピックでソ連チームに同行しオーストラリアで諜報活動を行った。 その後ミトロヒンは現場からデスクワークの文書管理業務を行う。

幻滅[編集]

ミトロヒンはニキータ・フルシチョフによるスターリン批判が行われる頃にソ連の体制に幻滅を抱くようになる。英国放送協会(BBC)やボイス・オブ・アメリカに触れる機会のあった彼は、ソ連のプロパガンダと現実の溝に気付き始めたからである。 1972年から1984年の間、彼はルビヤンカのKGBの書庫官として働くが、その間、重要な機密文書のコピーやメモを後のために集めており、1985年に引退した。

亡命[編集]

ソビエト連邦崩壊後の1992年ラトビアを旅行中に、いくつかの機密文書のコピーを持ってリガアメリカ大使館に接触する。当初、その信憑性を疑われたが、イギリスが彼の亡命を受け入れ、イギリス情報局秘密情報部(MI6)が協力して彼の家に保管された25,000ページにもわたる大量の文書の運び出しに成功した。

著書[編集]

共著[編集]

  • Andrew, Christopher, Vasili Mitrokhin (1999) The Mitrokhin Archive: The KGB in Europe and the West. Allen Lane. ISBN 0-7139-9358-8.
  • Andrew, Christopher, Vasili Mitrokhin (2005). The Mitrokin Archive II: The KGB and the World. Allen Lane. ISBN 0-7139-9359-6.

関連項目[編集]

外部参照リンク[編集]