ワサト党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワサト党アラビア語: حزب الوسط الجديد‎、New Center Party)は、エジプトの政党。正式には新ワサト党だが、一般的にワサト党といわれる。政党としての認可を1996年から求めてきたが、正式に政党としての認可を受けたのは革命後の2011年2月19日である[1]。党首は、アブールアラー・マーディー。

2011年から2012年にかけて行われた人民議会選挙では、10議席を獲得した[2]

自由公正党などとイスラーム勢力として一括りにされる事が多いが、2012年1月23日の人民議会議長選出にあたっては、自由公正党のムハンマド・サアド・カタートニーに対抗し、副党首のイサーム・スルターンが候補者となった[3](結果399票対87票で敗北[4])。

2012年の大統領選挙においては、アブドルモネイム・アブールフトゥーフを支持した[5]。2012年8月に発足したヒシャーム・カンディール内閣には、幹部のムハンマド・マフスーブが議会問題相として入閣した[6]が、内閣改造を前に2012年12月に辞任した。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 讀賣新聞 (2011年2月19日). “ムバラク政権崩壊後、初の政党創設認可”. 2012年1月28日閲覧。
  2. ^ 毎日新聞 (2012年1月22日). “エジプト人民議会選:イスラム系7割超 穏健派が第1党--最終結果”. 2012年1月28日閲覧。
  3. ^ Al-Masry Al-Yuom (2012年1月22日). “Wasat Party VP challenges FJP choice for People's Assembly speaker”. 2012年1月28日閲覧。
  4. ^ FJP's Al-Katatni president of People's Assembly”. Aswat Masriya (2012年1月23日). 2012年1月28日閲覧。
  5. ^ Egypt’s Al Wasat Party Backs Islamist Aboul-Fotouh for President”. Bloomberg (2012年1月23日). 2012年5月2日閲覧。
  6. ^ “Meet Hisham Qandil's new Egypt cabinet”. Ahramonline. (2012年8月2日). http://english.ahram.org.eg/News/49365.aspx 2012年8月4日閲覧。