ワイルド・スピード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイルド・スピード
The Fast and The Furious
監督 ロブ・コーエン
脚本 ゲイリー・スコット・トンプソン
エリック・バーグクィスト
デヴィッド・エアー
原案 ゲイリー・スコット・トンプソン
製作 ニール・H・モリッツ
製作総指揮 ダグ・クレイボーン
ジョン・ポーグ
出演者 ヴィン・ディーゼル
ポール・ウォーカー
ミシェル・ロドリゲス
音楽 BT
撮影 エリクソン・コア
編集 ピーター・ホーネス
製作会社 オリジナル・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年6月22日
日本の旗 2001年10月20日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $38,000,000[1]
興行収入 $207,283,925[1]
次作 ワイルド・スピードX2
テンプレートを表示

ワイルド・スピード』(原題: The Fast and The Furious)は、2001年ポール・ウォーカーヴィン・ディーゼル出演、ロブ・コーエンが監督したカー映画。ロサンゼルスを舞台にドラッグレースゼロヨン)に熱中するストリート・レーサーたちを題材としたカーアクション映画である。当時のアメリカのストリート・レース文化にのっとり、スポーツコンパクトと呼ばれるカテゴリの日本車が数多く登場する。

2007年2月15日HD DVD版、2009年9月18日Blu-ray Disc版を発売。Blu-ray版は、本編の他にメイキングや未公開シーン、ミュージック・ビデオなどの特典映像を収録。

シリーズの時間軸は、1作目(本作)→2作目→4作目→5作目→6作目→3作目の順となっている。

あらすじ[編集]

ストリート・カーレースに大金を賭ける若者たちが、夜な夜な集まるロサンゼルス。ある夜、ストリート・レーサー達をとり纏める凄腕ドライバーのドミニクは、一人の白人・ブライアンに勝負を挑まれる。ブライアンは勝負に負けるが、勝負への姿勢をドミニクに気に入られ、行動を共にすることになる。だが、ブライアンの正体は実は警察官であり、高額な貨物を載せたトラックが次々と改造車の集団に襲われるという事件を追って、潜入捜査のため彼らに接触したのだった。身分を隠してストリート・レーサーの仲間となったブライアンだったが、やがてストリート・レーサーらに対する友情が芽生える。しかし、ジョニー・トランのグループによるレーサー同士の抗争に巻き込まれ、事態は思わぬ方向に進展してゆく。

登場人物[編集]

ブライアン・オコナー(愛称:ブライアン)
本作の主人公。ロス市警の警察官。トラック襲撃事件の犯人としてドミニク達に目をつけ、彼らを探るためにゼロヨンに参加してドミニクに近付く。
潜入の為にドミニク達に近付くが、次第に彼の人間性に引かれていき、更にはドムの妹のミアを本気で愛するようになっていき、次第にドムを助けたいと苦悩する。
ドミニク・トレッド(愛称:ドム)
もう一人の主人公。ゼロヨンレースを取り仕切るだけだなく、自身もレーサーとしてトップクラスの実力を持つ。
家族の絆を人一倍大切にしており、恋人のレティや仲間のヴィンスはもちろん、特に妹のミアは大切にしている。
父親の残した車を自宅の車庫に置いており、少しずつ整備をしていて、いつか走らせる事を夢見ている。
レティ・オルティス(愛称:レティ)
ドミニクの恋人。車の整備もお手のもので、自身の愛車を改造・整備をこなすだけでなく、レーサーとしての実力も高い。その実力は相手が男であっても正々堂々と戦ってあっさり勝てるほど。特に女だからとナメて挑んでくる奴に対しては還付なきまでに実力をみせつけて打ち負かす事が大好き。
ドミニクに近づく女がいると嫉妬心まる出しの挑発で威嚇して追い払う。
ミア・トレッド(愛称:ミア)
ドミニクの妹。店を経営しており、ドムたちの溜まり場のようになっている。いつも来るブライアンを密かに気に入っており、次第に打ち解けていくようになっていく。
ヴィンス
ドミニクの昔から仲間。ミアに惚れていて、いきなり現れたブライアンに嫌悪感を抱いており、何かと突っかかる。しかし、ただキライなだけではなく、ブライアンを警官じゃないかと警戒し、ドミニクにも警告している。
ジェシー
ドミニクの仲間。気が小さく、集中力がない為、学校でもいじめられていた事で退学になる。しかし、車に関する知識は誰よりも高く、独自のデザインやエンジンの整備図面を引くなどブライアンに「M.I.Tに入れる」とまで誉められる。
レオン
ジェシーと同じくドミニクの仲間。当初はヴィンス同様にブライアンが嫌いだったものの、ドミニクが彼を受け入れてからは仲間として認めるようになる。
主に警察無線の傍受を担当しており、レース中の警察の動きを無線で警戒している。
ハリー
ドミニクが出入りする店の店長。ドミニクが使っているという触れ込みからストリートレーサーがこぞって店に買いに来ている。
ドミニクのおかげで店が繁盛していることからドミニクには頭が上がらない。
タナー巡査部長
ブライアンの上司。ドミニクが犯人と決めつけた捜査で早急に逮捕しようとする。
エージェント・ビルキンス
FBI捜査官。ブライアンを潜入させたがまったく信用せず、ブライアンからの情報を待たずに勝手にジョニー一味を逮捕した挙げ句、空振りに終わった事をブライアンに責任を押し付ける。
ジョニー・トラン
ドミニクと縄張り争いをする中国系アメリカ人。冷酷な性格で、自分たちのシマに間違って入ってきてしまったブライアンの車をマシンガンで破壊する。DVDプレーヤー窃盗の容疑を掛けられて1度逮捕されるが、正規に買ったものとわかり釈放される。しかし、家族の前で逮捕される屈辱を味わった事からドミニクが垂れ込んだと思い、復讐に出る。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版
ブライアン・オコナー ポール・ウォーカー 森川智之 堀内賢雄
ドミニク・トレット ヴィン・ディーゼル 内田直哉 菅田俊
レティ・オルティス ミシェル・ロドリゲス 喜田あゆ美 高山みなみ
ミア・トレット ジョーダナ・ブリュースター 幸田夏穂 井上喜久子
ジョニー・トラン リック・ユーン 中田和宏 池田秀一
ジェシー チャド・リンドバーグ 青木誠 鳥海勝美
レオン ジョニー・ストロング 樫井笙人 桐本琢也
ヴィンス マット・シュルツ 落合弘治 西凜太朗
タナー巡査部長 テッド・レヴィン 稲葉実 金尾哲夫
エドウィン ジャ・ルール 高木渉 三宅健太
エージェント・ビルキンス トム・バリー 宝亀克寿 藤本譲
ハリー ヴィト・ルギニス 西村知道 岡和男
ミューズ スタントン・ラトレッジ 小野健一 田中正彦
ヘクター ノエル・グーリーエミー 天田益男 斎藤志郎
テッド ボー・ホールデン 大川透 木村雅史
ラスタの男 デヴィッド・ダグラス 桐本琢也 二又一成
ランス レジー・リー 清水敏孝 室園丈裕
モニカ モニカ・タマヨ 斎藤恵理 恒松あゆみ
エドウィンの女 タミー・モニカ・ゲガミアン 込山順子
無線女#1 高森奈緒
カミーユ 荒井静香 七緒はるひ
女#2 山門久美
警備員#1 木村雅史
ヨガ 前田ゆきえ
マーヴィン 根津貴行
男(1) 奈良徹
男(2) ヤスヒロ
男(3) 堀越省之助

劇中に登場する主なマシン[編集]

日本車

TOYOTA

  • トヨタ・スープラ(1994年式) - オレンジメタリック。ドラックレースに負けたブライアンがドミニクに譲るつもりだった三菱エクリプスが後述するようにジョニー・トランのグループに爆破されたため、代わりに用意したスクラップ同然だった車。スクラップ時は2JZ-GE(NA)エンジンだったが、ターボチューン化、ドミニクの工場で修理しさまざまなチューニングパーツを日本から取寄せて完成させたブライアンのセカンドカー。完成させた直後に試乗し、ストリートでフェラーリ355GTSをぶっちぎるパフォーマンスをみせる。終盤で活躍したが、最終的に逃走するドミニクに渡し、借りを返した。エアロパーツはフロント・サイド・リアアンダーBOMEX製、ボンネットはTRDのものであり、リアウィングはAPR Performance製アルミウィング。映画のテクニカルアドバイザーであり、劇中のレース・ウォーのスターターも務めたクレィグ・リーバーマン所有の車両がモデル。

NISSAN

  • スカイラインGT-R(1995年式) - イエロー、レオンの車両。米国MOTOREX社が並行輸入していた個人車両がモデル。米国So-Cal社の手により、NOSシステムを搭載。
  • 日産・240SX(1997年式) - ピンクパープル、レティの車両。ViS Racing製 Stalkerタイプボディキット及び、AVS・モデル5を装着。
  • 日産・マキシマ(1999年式) - ブルー、ヴィンスの車両。ボルテック製スーパーチャージャー及びNOSシステム搭載。STILLEN社製ボディキットを装着。クレイグ・リーバーマンの妻、ジェニファー・リーバーマンの愛車であり、7万5000ドルをかけてチューニングされた車両。

HONDA

  • ホンダ・インテグラ - ターコイズの4ドアモデル、ViS Racing製ボディキット装着(日本仕様フロントに換装)がミアの車両。レッド、2ドアモデル、モモコルセ仕様のグラフィックがエドウィンの車両。エドウィンの車両はビル・コフィー所有の個人車両がモデル。
  • ホンダ・S2000 - ブラック、Veilside製ボディキット。ジョニー・トランの車両。米国のパーツメーカー、RO_JA社代表のRJ・デヴェラ所有の同車がモデル。
  • ホンダ・シビック- ブラック、ViS Racing製GT Bomberタイプボディキット及び、Streetglow製アンダーグロー装着。トレーラージャックに使用。ターボチューンが施されている。ホワイトボディにViS Racingのグラフィックを施し、同社製Xtreme GTタイプボディキットを装着した車両はRJ・デヴェラが序盤のストリートレースで所有。車内にPS2が搭載され、ストリートレース開始前にグランツーリスモをプレイしている。(使用している車種は三菱・GTO)ゴールド。Veilside製ボディキット装着の車両がヘクターの車両。モデルになった個人車両はD2仕様のグラフィックを施しており、Revell社製のミニカーなどではそのカラーリングが再現されている。
  • ホンダ・アコード-オレンジメタリック、Wings West製ボディキット。冒頭のストリートレース及びレースウォーで登場。ボンネットが取り払われ、ターボチューンを施したボンネットが常に見え、またハイドロ装着であることも劇中での車高調整から確認できる。

MAZDA

  • マツダ・RX-7(1993年式) - レッド、ドミニクの車両。出番は主に序盤で、その後はドミニクの家のガレージにてダッヂ・チャージャーを見ている時、レースウォーの時に見ることができる。Veilside製C2タイプボディキット及び、RE雨宮製スリークライトを装着。アペックスUSA社員のキース・イモト所有の車両がモデル。

MITSUBISHI

  • 三菱・エクリプス(1995年式) - ネオングリーン、ブライアンの囮捜査のための車両。ViS Racing製品をベースにRobocarがカスタムしたオリジナルのボディキット及び、APR Performance製CT-IIウィングを装着。序盤のストリートレースでエンジンを破損し、その後トラン一味の手により銃撃され、炎がNOSのタンクに燃え移り爆発。ジョン・ラピッド所有の個人車両がモデル。

その他

  • ダッヂ・チャージャー(B-body)(1969年式) - ブラック、ドミニク親子が共に改造した物で、父親がレースで事故死した後はガレージ内に置かれたままであった。終盤でドミニクが運転し、ブライアンのスープラと最後のレース中、セミトレーラーに前からぶつかり横転。1970年式と公開から数年後の書籍、及び続編では紹介されているが、実際は1969年式のボディをベースに1970年式のフロント周りを移植した車両。(公開当時のアメリカ車雑誌等で記述有)
  • シボレー・シェベルSS(1970年式) - レッド/ブラックストライプス。エンドクレジットの後、ドミニクがバハ(メキシコ)にいるところが見られ、4作目に繋がることを彷彿とさせる。
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ(日本名ヴェント:1995年式) - ホワイト。ジェシーの車両。Wings West製ボディキットを装着。トランのS2000とレースウォーでバトルしたのち終盤でトラン一味の銃撃でハチの巣となる。
  • ジオ・メトロ(スズキ・カルタスGM・GEOブランド仕様)-ホワイト。ピザ屋の配達車両。冒頭のストリートレースで監督のロブ・コーエンの運転により登場し、ストリートレーサーたちにより追い返される。
  • フェラーリ・355GTS(1999年式) - ブラック、この映画のプロデューサーのニール.H.モリッツの車。
  • フォード・F-150(1999年式) - レッド、ハリー(会社の車-ブライアンによって運転されている)の車。
  • ピータービルト・359 - 劇中に登場するトレーラー

主人公とその仲間たちの乗る車両のバイナルグラフィックスモータースポーツ関連用品のグラフィックデザイナーとして高名なアメリカ人、トロイ・リー氏とモダンイメージがデザインを手がけ、後に市販された。

楽曲[編集]

エンディングテーマ[編集]

日本公開版ではDABOの『レクサスグッチ』が採用されている。

続編[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b The Fast and The Furious (2001)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2009年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]