ワイルド・スタイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイルド・スタイル
Wild Style
監督 チャーリー・エーハーン
脚本 チャーリー・エーハーン
製作 チャーリー・エーハーン
出演者 リー・ジョージ・キュノネス
音楽 フレッド・ブラザウェイト
クリス・スタイン
撮影 クライヴ・デヴィッドソン
ジョン・フォスター
配給 大映インターナショナルフィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年
日本の旗 1983年10月
上映時間 82分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ワイルド・スタイル』(Wild Style)は1982年に製作されたアメリカヒップホップ映画。日本語字幕は岡枝慎二。

あらすじ[編集]

ニューヨークサウス・ブロンクス。覆面をしたレイモンドは、深夜に地下鉄のガレージへ忍び込み、車体に怪傑ゾロのデザインをモチーフにしたグラフィティアートをスプレーで描いていた。レイモンドのカラフルなグラフィティは話題となり評判を呼んだが、違法行為ゆえに描き手として正体を明かせずにいた。ある日、新聞記者のバージニアから仕事の依頼が舞い込むが、仕事として描くことと自由に描くことの選択に思い悩む。

キャスト[編集]

  • レイモンド”ゾロ”:リー・ジョージ・キュノネス
  • フェイド:フレッド・ブラザウェイ
  • ローズ”レディ・バッグ”:サンドラ・ピンク・ファーブラ
  • バージニア:パティ・ファスター
  • グランドマスター・フラッシュ
  • グランドミキサー・D.ST
  • Fab 5 Freddy
  • Cold Crush Brothers
  • Rock Steady Crew
  • Busy Bee
  • Rammellzee

サウンドトラック[編集]

  1. Military Cut - DJ Grand Wizard Theodore
  2. MC Battle - Busy Bee Vs Rodney Cee
  3. Basketball Throwdown - The Cold Crush Brothers Vs Fantastic Freaks
  4. Fantastic Freaks At The Dixie - DJ Kevie Kev Rockwell
  5. Subway Theme - DJ Grand Wizard Theodore
  6. Cold Crush Brothers At The Dixie - Cold Crush Brothers
  7. Cuckoo Clocking
  8. Stoop Rap - Double Trouble
  9. Double Trouble At The Amphitheatre - DJ Stevie Steve
  10. South Bronx Subway Rap - Grandmaster Caz
  11. Street Rap - Busy Bee
  12. Chief Rocker Busy Bee, DJ AJ At The Amphitheatre - Busy Bee/ DJ A.J.
  13. Gangbusters - DJ Grand Wizard Theodore
  14. Rammellzee and Shock Dell At The Amphitheatre - Rammellzee & Shock Dell/Grand Mixer D.ST
  15. Down By Law - Fab 5 Freddy
  16. Wild Style Theme Rap 1 - Grand Master Caz/Chris Stein
  17. Wild Style Subway Rap 2 - Grand Master Caz/Chris Stein

その他[編集]

サウンドトラック及び劇中の音源は、ナズ「The Genesis」[1]パブリック・エナミー「Louder Than a Bomb」[2]他、多くのアーティストの作品にサンプリング・ソースとして使用されている。

外部リンク[編集]

参考文献・出典[編集]

  1. ^ [1]Whosampled NAS - The Genesis
  2. ^ [2]Whosampled Pubric Enermy - Louder Than a Bomb