ワイプアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワイプアウト (Wipeout)


ワイプアウト』(wipEout) は、1995年(日本では1996年)に発売されたレースゲーム、およびそのシリーズである。

概要[編集]

反重力(Anti Gravity略してAG)テクノロジにより、地上から数メートル浮いた状態で超高速走行が可能な乗り物を使ってレースを行うゲーム。ゲームの目的は、ゲーム機のコントローラを使ってこの乗り物を操作し、画面の中に描かれたレース用サーキットを走らせ、同時にレースをしている他の誰よりもできるだけ速く規定の周回数を走り切ること。サーキットの道幅は狭い上に、乗り物はフワフワと浮いた状態で超高速走行するので、乗り物の操縦はやや難しい。また、サーキットの上には様々な特典(グリッド・パッド)が置かれており、その上を通過すると一時的な急加速、ミサイル、爆弾、シールドなどのアイテム・ウエポンを使うことができる。 開発元はイギリスのゲーム開発会社Psygnosis。同社は1993年ソニーグループに買収されたが、しばらくは競合会社のゲーム機向けにもシリーズ作品が発売された。その後PsygnosisはSCEE Studio Liverpoolとなりシリーズの開発を続けていたが2012年に閉鎖、Studio Liverpoolに在籍していたスタッフの一部はSCE Evolution Studiosに異動、吸収された。また元スタッフが設立したゲーム開発スタジオSawfly Studios、FirespriteがありFirespriteはPS4「プレイルーム」の開発に関わっている。

シリーズ作品[編集]

ワイプアウト[編集]

F3600 『ワイプアウト』(wipEout) は、1995年(日本では1996年)にプレイステーション (PS)・セガサターン (SS)・PCで発売されたシリーズ第1作である。PS版はソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)、SS版はソフトバンク、PC版はゲームバンクから発売された。PS版とSS版は収録曲が多少異なる。

2007年8月にPlayStation Networkゲームアーカイブスで発売された。

ワイプアウトXL[編集]

F5000 『ワイプアウトXL』(-エクセル、wipEout 2097)は、1996年に発売されたシリーズ第2作である。PS版はSCEから、1998年にはSS版がゲームバンクから発売された。PS版とSS版は収録曲が多少異なる。

wipEout 64[編集]

F5000 『wipEout 64』は、1998年にNINTENDO64で発売されたシリーズ第3作である。欧州・北米ではMidway Gamesより発売された。シリーズで初めて4人までの対戦が可能となった。日本でもココナッツジャパンより発売される予定だったが、何度も延期した後に発売中止となった。

ワイプアウト 3[編集]

F7200 『ワイプアウト3』(wipEout 3) は、1999年(日本では2000年)にPSで発売されたシリーズ第4作である。北米ではPsygnosisより、日本ではSCEより発売された。パッケージのタイトルロゴは欧州(PAL)と日本(NTSC/J)は「WIP3OUT」、北米(NTSC/UC)では「WIPEOUT 3」と表記されている。これ以降はSCEハードにのみ発売されることとなる。なお、日本版のみ2つのコースが隠しモードに追加されている。

wipEout 3 special edition[編集]

F7200 『wipEout 3 special edition』は、2000年に欧州限定で発売された『wipEout 3』の特別版である。『wipEout 3』をベースに、旧作から8つのコースが追加・リメイクされたクラシック・リーグが加わり、日本版のみだった2つのコースも収録されている。収録曲は『wipEout 3』と同じ。

wipEout Fusion[編集]

F9000 『wipEout Fusion』は、2002年にプレイステーション2で発売されたシリーズ第5作である。欧州・北米で発売されたが日本では未発売。本作より、SCEE Studio Liverpoolが開発を担当、発売元は全てSCEとなる。

ワイプアウト ピュア[編集]

FX300 『ワイプアウト ピュア』(wipEout purE) は、2005年にプレイステーション・ポータブル (PSP) で発売されたシリーズ第6作である。欧州版・北米版・日本版が存在し、基本的に内容は同一だが、ダウンロードできるコンテンツに違いがある。特に欧州版は北米版、日本版に比べて追加されたコースやサウンドトラックが存在する。現在それらの追加データのほとんどはダウンロード不可になっている。

wipEout PULSE[編集]

FX400 『wipEout PULSE』は、欧州では2007年12月12日に、北米では2008年2月12日にPSPで発売されたシリーズ第7作である。日本では未発売。前作『ピュア』と同様にダウンロードコンテンツが存在するが、有料になっており、PLAYSTATION Storeからダウンロード販売という形で提供されている(現在は欧州版のみ)。

ワイプアウト HD[編集]

FX350 『ワイプアウト HD』(wipEout HD) は、PS3向けダウンロード配信タイトルとして発売されたシリーズ第8作である。2008年9月25日に英国・北米で、10月29日に日本で配信が開始された。『ピュア』・『PULSE』に登場したコースから8コースをハイビジョン画質でリメイクする。SIXAXIS・デュアルショック3のモーションセンサーを使い、傾きで操作することも可能。オンライン対戦、1080p、60fpsサポート。後に無料アップデートで3D立体視に対応した。

ワイプアウト HD フューリー[編集]

『ワイプアウト HD フューリー』(wipEout HD Fury) は、『HD』の追加コンテンツとして2009年7月23日に900円で発売された。12のコースと12のクラフト、80種類もの課題などが追加される。プレイするには製品版『HD』が必要。

ワイプアウト 2048[編集]

プレイステーション・ヴィータ用に2012年1月19日に発売。HD Furyとのクロスプラットフォーム・オンライン対戦が可能。

外部リンク[編集]