ワイト島ライヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイト島ライヴ
エマーソン・レイク&パーマーライブ・アルバム
リリース 1997年10月1日(US)
録音 1970年8月29日
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 68分20秒
レーベル マンティコア
プロデュース ELP
専門評論家によるレビュー
エマーソン・レイク&パーマー 年表
- ワイト島ライヴ
(1997)
-
テンプレートを表示

ワイト島ライヴ(Live at the Isle of Wight Festival)は、エマーソン・レイク・アンド・パーマーライブ・アルバム

収録曲[編集]

  1. 未開人
  2. 石をとれ
  3. 展覧会の絵
  4. ロンド
  5. ナットロッカー
  6. ELP、ワイト島フェスティバルを語る(インタビュー)

内容[編集]

エマーソン・レイク・アンド・パーマーは、あくまでも厳密な記録の上では、1970年8月23日にプリマス・ギルド・ホールで初舞台を踏んでいるが、キース・エマーソンがインタビューにおいて「あれは(ワイト島に出演する為の)ウォーム・アップだった」と明言している事からも、8月29日の「第3回ワイト島ポップ・フェスティバル」がELPの「実質的なデビュー」だという意見を持つ者は少なくない。本作はその「実質的デビュー」を収録したライブ・アルバムである(尚、一曲目の冒頭で司会が「ファースト・デビュー・パフォーマンス」とアナウンスしているが、トラック6のインタビューでは「セカンド・ギグ」と言っている)。したがって、音質や演奏の良さよりも「歴史的なステージ」という意味合いが強い作品に位置される。