ロー・レビュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロー・レビュー(Law Review)とは、ロースクール(法科大学院)紀要のことである。アメリカのロースクールで主に発達した。学生が主体となって編集されることに特徴があり、編集委員に選ばれることは法曹として高い栄誉であるとされる。日本では学生が主体とならない場合にも、ロースクールの紀要という意味でロー・レビューと呼称することがあり、その例としては慶應義塾大学中央大学などが挙げられる。一方で学生主体型としては、東京大学早稲田大学などがある。

アメリカ合衆国大統領バラク・オバマがハーバード・ロー・レビューの黒人初の編集委員長であったことから、国内でも知られるようになった。

アメリカにおけるロー・レビュー[編集]

ロー・レビュー(学校やロー・レビューの種類によっては、「ロー・ジャーナル(Law Journal)」と称する場合もある。)は、前記のとおり学生が主体となって編集される特徴があるが、そこに論文等を投稿するのは、大学教授等の研究者、法律実務家(弁護士裁判官検察官等)、ロースクールの学生など多岐にわたる。1つのロースクールに複数のローレビューがあることも珍しくなく、それぞれについて編集委員が個別に存在する(例えば、ハーバード・ロースクールについていえば、ハーバード・ロー・レビューの他に、ハーバード・ジャーナル・オブ・ロー・アンド・テクノロジー、ハーバード・シビルライツ・シビルリバティーズ・ローレビューなど、10以上のロー・レビューが存在する)。一般的には、当該ロースクールの名前のみを冠したロー・レビュー(ハーバード・ロースクールでは、ハーバード・ロー・レビュー)に最も権威があることが多い。

ロー・レビューは、学生が主体となって編集されるものではあるが、権威のある法学文献の一つとされており、各種の学術論文に引用されるのはもちろん、裁判所の判決に引用されることも珍しくない。

ワシントン・アンド・リー大学ロースクールによって、ロー・レビューの引用数、影響力などを数値化したランキングが発表されており[1]、2005年から2012年までのランキング上位10誌は以下のとおりとなっている。

  • ハーバード・ロー・レビュー(Harvard Law Review)
  • コロンビア・ロー・レビュー(Columbia Law Review)
  • イェール・ロー・ジャーナル(The Yale Law Journal)
  • スタンフォード・ロー・レビュー(Stanford Law Review)
  • ジョージタウン・ロー・ジャーナル(The Georgetown Law Journal)
  • ミシガン・ロー・レビュー(Michigan Law Review)
  • UCLA・ロー・レビュー(UCLA Law Review)
  • ペンシルベニア大学・ロー・レビュー(University of Pennsylvania Law Review)
  • テキサス・ロー・レビュー(Texas Law Review)
  • バージニア・ロー・レビュー(Virginia Law Review)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ワシントン・アンド・リー大学ロースクール - ロー・レビュー・ランキング

参考文献[編集]

  • ダグラス・K. フリーマン『リーガル・エリートたちの挑戦―コロンビア・ロースクールに学んで』(商事法務、2003年)ISBN 4785710543
  • 阿川尚之『アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記』(中公新書、1986年)ISBN 4121008197

外部リンク[編集]