ロー・ラレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロー・ラレンは、SFテレビドラマスタートレック』シリーズに登場する人物の一人。ミシェル・フォーブスが演じた。日本語版の吹き替えは藤木聖子が担当した。

ベイジョーカーデシア連邦の占領から開放され、惑星連邦の助力を受ける頃にUSSエンタープライズD艦長のジャン=リュック・ピカードと会う。ピカードと感情的にぶつかるものの、彼の人柄に魅力を感じ宇宙艦隊に入隊。エンタープライズ-Dのパイロット(少尉)として配置される。性格は短気で艦のクルーとぶつかっていたが、次第に艦や仲間に溶け込み信頼を得るようになっていった。尊敬するピカードに勧めもあって、艦隊の特別訓練に参加し大尉に昇進した。エンタープライズ全体が記憶喪失にさせられた時に、ライカー副長と恋に落ちた事がある。

反カーデシア組織『マキ』を逮捕する任務で潜入するが、自身の過去ベイジョーをカーデシアに占領された経験が思い起こされ、マキに感情移入してしまい尊敬するピカード艦長と別れる運命を選んだ。

演ずるフォーブスは、TNGの別のエピソードに別の役で出た時の演技が好評だったため、ローの役を得た。その後、制作側はロー・ラレンをDS9に”異動”するつもりだったが、フォーブスが「劇場映画作品に専念したい」という理由でテレビのレギュラー出演に難色をしめした為、代わりにキラ・ネリス少佐というキャラクターが作られた。短気な性格が似ているのはそのためである。TNGのシーズン末期ではフォーブスの意向もあり、あまり出演していない。

なお、後年、『Wrath of the Prophets』という小説(正史ではない)でロー・ラレンとキラ・ネリスの「共演」が実現した。

経歴[編集]