ロールス・ロイス・シルヴァーレイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルヴァーレイス

シルヴァーレイスSilver Wraith )はロールス・ロイス1947年から1959年に製造した乗用自動車である[1]

また1977年から1983年にかけてシルヴァーシャドウIIのロングホイールベース版にシルヴァーレイスIIの名称が使われた[2][3][4][5][6][7]。シルヴァーシャドウIIがシルヴァースピリットに移行する際シルヴァースパーに移行した。

概要[編集]

ダービー工場の設備が老朽化したこと、イギリス空軍から制式採用を勝ち取ったマーリンエンジンの大量生産に伴い手狭になったことから、ロールス・ロイス1938年マンチェスター南西部のクルーに工場を新設したが、第二次世界大戦終結に伴いこの工場を自動車生産用に転用することとなった[1][8]

この工場は戦前には存在しなかったボディー製作部門を備えており、レイスを一部変更し、「スタンダードスチールボディー」と呼ばれるようになった自前のボディーを載せたベントレー・マークVIを1946年5月に発売した[1]。シルヴァーレイスは事実上このベントレー・マークVIのロングホイールベース版であり、最大の違いはスタンダードスチールボディーを持たず戦前からのロールス・ロイスの伝統に従い独立コーチビルダーにボディーを作ってもらうようになっていたことである[1]

レイスとの比較では全般的にグレードダウンと見られる変更が多く、評価は確定していないが、実体は極めて真面目な設計であった[1]

ファントムIVが民間人に販売されなかったため、1959年ファントムVが発売されるまで長い間事実上の最高車種であった[1]。これは第二次世界大戦による経済の疲弊で運転手を使うような金持ちが減ってしまったことに対応するためであった[8]

1949年シルヴァードーンが発売され、さらにそれが1955年シルヴァークラウドに置換されても作り続けられ、1959年までにショート版1,144台、ロング版639台、合計1,783台を生産した。

機構[編集]

エンジンは当初ボアφ3 1/2in(約88.9mm)×4 1/2in(約114.3mm)の直列6気筒で排気量は4,257cc[1]、キャブレターはストロンバーグ製。シリンダーヘッドはアルミニウム製でレイスのOHVクロスフローに対し吸気OHV、排気側サイドバルブのFヘッドとグレードダウンしている[1]レイスでアルミニウムだったクランクケースは鋳鉄となり、シリンダーと1ピースで製造されるようになった[1]。シリンダーの壁に0.00075inのクロームメッキを施し摩耗と酸化を防いでいる。レイスでギア駆動だったウォーターポンプとダイナモがファンベルトによる駆動になった[1]。トランスミッションは2、3、4速にシンクロを備えるヘリカルタイプ、ファイナルはハイポイドギアはレイスと同じだが新たに2ピースプロペラシャフトを採用していた[1]

シャシは大荷重に耐えるフルフローティングアクスルからベアリング周りがシンプルなセミフローティングアクスルにグレードダウンしたが、これは単なるコストダウンでなくアクスル材質の向上が背景にあった[1]。ホイールベースはショート版127in(約3226mm)、ロング版133inで、ロング版でもレイスとの比較で3in短縮された[1][8]。重量はシャシのみ3168lb(約1440kg)で、約60kg増加している[1]。サスペンションはフロントがコイルスプリングによるダブルウィッシュボーン、リアが半楕円リーフリジッドはレイスと同じだが、ファントムIIIが備えていてレイスも踏襲したオイルダンパーとコイルスプリングをシールドボックス内に収める機構は採用されず、通常のスプリングとアッパーAマウントに装着したダンパーへとグレードダウンされていた[1]。またファントムIIIレイスでは四輪とも自動だったダンピングレート変更が、このモデルでは手動で、かつ後輪のみとなった[1]。四輪ともケーブル駆動だったブレーキサーボは前輪のみ油圧に変更されていた[1]。ビルドインジャッキは廃止された[1]

変更[編集]

エンジンは1951年オートマチックトランスミッション装着の準備としてボアφ92mmとし4,566ccに拡大とともにキャブレターがゼニスとなった[8]1955年パワーステアリング装着の準備としてさらにボアをφ95.25mmとし4,887ccに拡大するとともにスキナーズ・ユニオンのツインキャブとなった[8]。この間に圧縮比も6.4、6.6、6.75と上げられ1957年からは8となった[8]

1952年にはゼネラルモーターズハイドラマチックのライセンスを受けてクルーで製造した4段オートマチックトランスミッションがオプションで用意された[8]1956年秋にパワーステアリングがオプションで用意された[8]

車両[編集]

日本で有名な個体としては以下のものがある。

  • 1952年頃製造されH・J・ミュリナーが架装し1953年頃駐日英国大使が初めて使った個体は4,566ccエンジン、ゼニス製キャブレター、4速マニュアルトランスミッションを備え、1978年時点で岐阜県に健在であった[8]
  • 朝日麦酒(現アサヒビール)と提携した記念に、1950年代初めバヤリースから山本為三郎に中古車が贈与された[8]。この車両はアメリカで購入されたためルーカスP100にシールドビームを入れている[8]。ボディーカラーが黒でなくバーガンディだったのも話題となった[8]。1978年当時朝日麦酒の大阪工場の地下に眠っていたという[8]
  • 宮内庁1959年に御料車として購入しており、この個体は小柄な昭和天皇の顔がよく見えるようシートが少し高めに設定されている[8]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.80-85。
  2. ^ 『外国車ガイドブック1978』p.126。
  3. ^ 『外国車ガイドブック1979』p.114。
  4. ^ 『外国車ガイドブック1980』p.117。
  5. ^ 『外国車ガイドブック1981』p.98。
  6. ^ 『外国車ガイドブック1982』p.124。
  7. ^ 『外国車ガイドブック1983』p.122。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『世界の自動車-22 ロールス・ロイス ベントレー - 戦後』pp.14-29。

参考文献[編集]

  • 『外国車ガイドブック1977』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1978』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1979』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1980』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1981』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1982』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1983』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1984』日刊自動車新聞社
  • 小林彰太郎五十嵐平達高島鎮雄『世界の自動車-22 ロールス・ロイス ベントレー - 戦後』二玄社
  • 『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』ネコ・パブリッシング ISBN4-87366-166-8