ローリン・マロリー・ダジェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローリン・マロリー・ダジェット(Rollin Mallory Daggett, 1831年2月22日 - 1901年11月12日)は、19世紀のアメリカ合衆国政治家外交官。連邦下院議員(ネバダ州選出)を1期務めた。1882年から1885年まで駐ハワイ公使を務めた。

生い立ち[編集]

1831年にニューヨーク州 セントローレンス郡 リッチヴィル英語版で誕生。1837年に父親とともにオハイオ州北西部へ移住。デファイアンス英語版の学校で教育を受けた。印刷業を学び、1849年に太平洋岸の平地帯に移り、1852年まで採鉱業に従事。1852年、サンフランシスコゴールデン・イラ英語版紙を創刊。1860年にはサンフランシスコ・ミラー紙(のちにサンフランシス・ヘラルド英語版紙に統合)を創刊。

政治経歴[編集]

1862年にネバダ準州へ移り、ヴァージニアシティ英語版に定住。共和党に入党し、1863年にネバダ準州議会議員に選出。1864年にテリトリアル・エンタープライズ英語版紙に編集者として関与。1867年から1876年にかけて連邦地方裁判所で書記官として勤務。

1878年の連邦下院選挙にて、ネバダ州全州選挙区で勝利。1880年の連邦下院選挙では民主党候補ジョージ・ウィリアムズ・キャシディに敗れた。ダジェットは連邦下院議員を1879年から1881年まで1期2年務めた。

1882年に駐ハワイ王国弁理公使に任命を受け、1885年に辞任。その後はカリフォルニア州サンフランシスコで新聞事業に専念。1901年に死去。

出典[編集]

外交職
先代:
ウィリアム・ジェイムズ・ポーター英語版
在ハワイ王国アメリカ合衆国弁理公使
1882年8月21日 - 1885年4月10日
次代:
ジョージ・W・メリル