ローラン・プティジラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローラン・プティジラールLaurent Petitgirard, 1950年6月10日 パリ - )[1] は、フランス作曲家指揮者。フランス映画、テレビ番組の音楽を多数制作すると共に、室内楽、管弦楽曲、オペラも作曲している。パリ国立歌劇場管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を始めフランス国内外の多くのオーケストラで客演した。

略歴[編集]

[2]

プティジラールは、ピアノをピアニストである父セルジュ・プティジラールに、作曲をピアニストで作曲家のアラン・クレムスキに学んだ。

1987年にSACD(Société des Auteurs et Compositeurs Dramatiques)よりNouveau Talent Musiqueを受賞。 2000年にはクラシック音楽雑誌 La Lettre du Musicien が主催する Grand Prix Lycéen des Compositeursをチェロ協奏曲にて受賞。 更に2001年にはSACDからPrix Musique ex-aecquoをプティジラール初のオペラ作品エレファント・マンにて受賞した。

1989年にパリ・フランス交響楽団を自ら設立し、1997年まで音楽監督を務めた。

2000年フランス学士院芸術アカデミー会員。

2003年から2004年までフランス著作権協会会長を務めた。

2005年よりコンセール・コロンヌ音楽監督。

2009年1月1日にレジオンドヌール勲章シュヴァリエ』(Chevalier)を授与された。

主な作品[編集]

[3]

  • 伝説(Le Légendaire, 1984年)
  • ユーフォニア(Euphonia, 1988年)
  • エレファント・マン(Joseph Merrick dit Elephant Man, 1996年 - 1998年)
  • チェロ協奏曲(Concerto pour violoncelle et orchestre, 1994年)
  • 大弦楽オーケストラのための詩曲(Poème pour Grand Orchestre à Cordes, 2002年)
  • ヴィオラとオーケストラのためのディアローグ(Dialogue, pour alto et orchestre, 2002年 - 2003年)
  • 12人の寺院の守護者(Les Douze Gardiens du Temple, 2003年 - 2004年)

音楽を手がけた映画[編集]

[4]

  • The Perfect Friend(2006年)
  • Là-haut(2003年)
  • カジモド(Quasimodo d'El Paris, 1999年)
  • ヴェルサイユ訪問(The Visit: Versailles, 1999年)
  • メグレと幽霊(Maigret et le Fantôme, 1993年)
  • Drôle d'oiseaux(1992年)
  • メグレと首無し死体(Maigret et le Corps Sans Tete, 1992年)
  • モンマルトルのメグレ(Maigret et les Plaisirs de la Nuit, 1991年)
  • Lacenaire(1990年)
  • アスファルト(Asphalte, 1981年)
  • 勇気が我らを逃れさせた(Courage Fuyons, 1979年)
  • ポケットの愛(L'Amant de Poche, 1978年)
  • ローズバッド(Rosebud, 1975年)
  • L'Oiseau Rare(1973年)
  • L'Apocalypse(1970年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]