ローランド (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローランド
Xmim-115a-1.jpg
初期型のXMIM-115A
種類 短距離防空ミサイル
(SHORADミサイル/短SAM)
製造国 ドイツの旗 ドイツフランスの旗 フランス
製造 EADS
性能諸元
ミサイル直径 16cm
ミサイル全長 2.40m
ミサイル重量 67kg
弾頭 HE破片効果(9.1kg)
射程 8,500メートル
射高 6,000メートル
推進方式 二段式固体ロケット・モーター
誘導方式 半自動指令照準線一致誘導方式(SACLOS)
飛翔速度 620メートル毎秒
テンプレートを表示

ローランド(Roland)は、ドイツ(当時は西ドイツ)とフランスによって共同開発された短距離防空ミサイル・システム、およびこれで使用されるミサイル弾体。

概要[編集]

本システムは、フランスのアエロスパシアル社とドイツのメッサーシュミット・ベルコウ・ブローム社(現在は両者ともにEADS社として合併)が1964年から共同開発を始めた野戦機動が可能な対空ミサイルシステムで、両社の合弁会社であるユーロミサイル社の製品である。1977年には最初のシステムがフランス陸軍で運用を始めた。システムは砲塔を中心にコンパクトにまとめられており搭載する車両をある程度自由に選ぶことができる。全世界で650基を越える発射機が販売されている。

誘導システムを備えた旋廻砲塔の両脇に俯仰可能なミサイルランチャーを一基ずつ備えている。ミサイルは保管・運搬可能なキャニスターに装填されたままランチャーに装填され、発射される。発射後はキャニスターが自動的に投棄され、車体の弾倉から新しいミサイルを納めたキャニスターがせりあがり、ランチャーが回転して自動的にキャニスターを拾い上げてミサイルを装填する。

6.5キログラムの高性能爆薬弾頭を備えたミサイルは固体燃料を用いた二段式ロケットでマッハ1.6まで加速され、射程500メートル以上、6,300メートル以下の高度3,000メートルまでの目標を攻撃することができる。目標へは指令照準線一致(Command to Line Of Sight、CLOS)にて誘導される。

ローランド対空ミサイルシステムはフォークランド紛争アルゼンチン軍)、湾岸戦争(イラク軍)での実戦使用例がある。

バージョン[編集]

ローランドはいくつかのバージョンが製造されている。

ローランド1
手動による光学追跡・誘導システムを備える昼間迎撃型。1977年より実戦配備された。
ローランド2
レーダーによる全自動追跡・誘導システムを備える全天候迎撃型。1981年より配備された。
ローランド3
より強力(9.1キログラム)な弾頭と熱線映像シーカーを備える射程延長型(8km1988年より配備。
ローランドVT1(RM5)
ユーロミサイル社とフランスのマトラ社(1998年にアエロスパシアル社と合併してアエロスパシアル・マトラ社となっている)、トムソンCSF社(現在のタレス社)が共同で1990年から開発している速度マッハ5の超高速ミサイル。クロタル・システムと共通のVT1ミサイルを使用する。

現行システムではローランド2、ローランド3、ローランドVT1ミサイルを発射することができる。

搭載[編集]

ドイツ陸軍のMAN 8x8型自走発射機

ローランド対空ミサイルシステムは以下に示す様々なプラットフォーム上に装備されている。

ローランドCAROLと命名された空輸可能なシェルターが1995年に開発されている。ローランドCAROLは7.8トンコンテナーにローランドの砲塔を装備した地上に固定配備する拠点防空兵器で空港、物資集積所のような重要拠点を防衛するために地上に配備することができ、トラックで輸送することができる。

配備[編集]

ローランド対空ミサイルシステムは、現在、フランスアルゼンチンブラジルナイジェリアカタールスロベニア(9x Roland II)、スペインベネズエラの国防軍で運用されている。共同開発国の一方であるドイツではローランド対空ミサイルシステムはすでに運用されていない。

ローランドはアメリカ陸軍によって調達された数少ない外国製対空ミサイルシステムのひとつである。ボーイング社とヒューズ社がライセンスを受けシステムをM812A1トラックに搭載してXMIM-115Aとして1978年に採用されたが本格運用に入る前に計画を中止した。

関連項目[編集]

日本陸上自衛隊が採用している短距離防空ミサイル