ローライダー・バイシクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローライダー・バイシクル英語:lowrider bicycle)とは主に古いアメリカ製の自転車(アメリカ製以外の車の場合もある)をカスタムした自転車、及びそのカスタムを行う者のこと。またそれに付随するチカーノから発祥した文化を指す。ローチャリとも呼ばれている。

起源[編集]

発祥[編集]

アメリカ西海岸において、1963年に発売された Schwinn Sting-rayが、当時の子供達に爆発的なヒット商品となる。 Schwinn Sting-rayは発売当初から、カスタムカルチャーを視野に入れた設計で制作されていた。 それは、様々なカスタムパーツの販売、パーツの組み替えを子供でも容易に行なえるようにした事である。 ヒット商品の背景として、当時はカスタムカルチャーによる、チョッパーバイクやトラッカーバイクなどのブレイクによるものが大きい。 上記の事からも分かる通り、当時の流行でもあり、発売当初のカスタムの主流はチョッパースタイルであった。 60年代を振り返った、Teen Angelsのイラストを見る事によっても理解できる。

70年代に入ると、BMXの出現によりSchwinn Sting-ray人気にも陰りが見えはじめる。

BMXの世界的ヒットの陰で、Schwinn Sting-rayの中古車両を安価で購入できる事も伴い、メキシコ系移民(いわゆる「チカーノ」と呼ばれる人々)がカスタムを始めたとされる。 そのチカーノがカスタムしたとされる仕様の中でも目につくのが、26インチ用フォークを曲げて作製されたOGフォークや、16インチ用のクランクを使用した、出来る限り車高を下げたローダウンカスタムである。 それはまさにチカーノカルチャーを代表するローライダーの姿であった。

日本への導入[編集]

80年代の第一次ローライダーブームの時に、神奈川県や愛知県などのローライダーを専門とするカスタムショップや、個人による輸入によってごく少数の個体が入ってきたとされる。

定義[編集]

文化・コミュニティ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]