ローブ・クラシカルライブラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローブ・クラシカルライブラリー (The Loeb Classical Library; [loub],ローブ古典文庫,ローブ古典叢書) は、ハーヴァード大学出版局から現在は刊行されているギリシア語ラテン語古典的な文献のシリーズである。ギリシア・ローマの古典の主要なものを収録する。収録する文献は豊富で、英語との対訳もあって広く普及しているシリーズである。オリジナルと英語の対照になっており、誰もが古典にふれることができるように考えられたものである。シリーズは古代の必読の古典と、14世紀にわたる抒情詩叙事詩悲劇哲学、古典的な雄弁の記録を網羅し、中世の教父たちの著作までを収める。

起源[編集]

このシリーズは元々はジェームズ・ローブによって構想され、開始された。第1巻は、1912年にウィリアム・ハイネマン&Coにより刊行された。当初からギリシア語文献は緑、ラテン語文献は赤の印象的な装幀ハードカバーで刊行されていた。これは今日と同じである。新しいタイトルが追加されていく中で、以前のものは何度か改訂を重ねている。近年は旧版の復刻も出ている。これらの刊行物の収益はハーヴァード大学の学部学生の奨学金の基金にあてられている。

受容[編集]

ハーヴァード大学は、1989年以降、このシリーズに対する責任を全面的に意識するようになり、この数年、毎年4冊から5冊の改訂版が刊行されている。2001年には、このライブラリーの第3のシリーズの刊行が始まった。イ・タッティ・ルネサンス叢書(I Tatti Renaissance Library)がそれで、中世からルネサンスの主要な文献がシリーズとして刊行されることになっている。原語、通常はラテン語であるが、それと英語の翻訳の対照版で、ローブ・クラシックと同様の装幀で、青のカバーがそえられる。従来の版よりもやや大きな版になっている。

関連項目[編集]