ローバー・シティローバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シティローバー後部

シティローバーCityRover )は、MGローバー・グループイギリス国内で販売していた、ハッチバック型の小型乗用車である。

インドの自動車会社、タタ・モーターズの乗用車「インディカ」のOEM商品であり、2003年秋に発売された。2005年4月、MGローバー・グループが倒産、法的管理下におかれたことによって、シティローバーの販売は終了した。

批判[編集]

シティローバーの維持費は高く、また、その販売価格は品質や性能で優るライバル車、例えばフィアット・パンダよりも高価であった[1]

MGローバー・グループ社のタタ・モーターズからの仕入れ価格は、1台あたり3,000ポンドであったが、MGローバー製のサスペンションやフロント・マスクが装備されていたとはいえ、ベースモデルでも7,000ポンドもしたその価格では、まったく消費者にアピールすることはできなかった[2]

シティローバーの販売台数は、その目標にまったく達せず、2005年モデルからは、装備が簡略化されたうえで値下げが行われた。

イギリスのテレビ番組『トップギア』において、司会者で自動車評論家のジェームズ・メイは、シティローバーを試乗し、「番組史上で最悪の自動車だった」と宣告している.[2]

脚注[編集]

  1. ^ Cars - CityRover ebay
  2. ^ a b Marriage of convenience? Austin Rover Online