ローズオイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローズオイル

ローズオイル(Rose oil)またはローズ油は、バラの花から抽出される揮発性の油で、バラの芳香を持つ。精油とアブソリュートがあり、精油は水蒸気蒸留によって抽出され、アブソリュートは溶剤又は超臨界二酸化炭素の抽出法によって得られる。抽出法や原料のバラの品種の違いで、成分組成、芳香が異なる。ローズオットー、モロッコローズの精油、ダマスクローズ、ブルガリアローズのアブソリュートなどがある。ダマスクローズのアブソリュートは精油の女王と言われ、感情を落ち着かせる作用があるとされる。精油、アブソリュート共に香料として多くの食品に添加される[1]。香水にも広く利用されており、ローズオットーの精油は、フローラル系に使う場合、少量でもかなりの効果が見られる[1]

混入[編集]

1オンスのローズオイルを作るには数ポンド花びらが必要[2]。生産の平均収率は抽出方法と花の種類によって1:1500〜1:10,000と異なる。ローズオイルは非常に高額であり、精巧な偽和の技術が確立している。精油は、主成分であるゲラニオルが多いゼラニウム(Pelargonium graveolens)やパルマローザ(Cymbopogon martinii)の精油の混入が頻繁に行われる。アブソリュートは合成のパルマローザ油成分や、ペルーバルサム油などによる希釈が行われる。市販されるローズオイルの多くは完全な合成精油である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c マリア・リス・バルチン 著 『アロマセラピーサイエンス』 田邉和子 松村康生 監訳、フレグランスジャーナル社、2011年
  2. ^ The Chemistry of Essential Oils and Artificial Perfumes (1921)