ローズオイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローズオイル

ローズオイル(Rose oil)またはローズ油バラ油バラ精油は、バラの花から抽出される揮発性の油で、バラの芳香を持つ。厳密には精油アブソリュート(香料)英語版があり、精油は水蒸気蒸留によって抽出され、アブソリュートは溶剤又は超臨界二酸化炭素英語版を用いた抽出によって得られる。抽出法や原料のバラの品種の違いで、成分組成、芳香が異なる。ローズオットー、モロッコローズの精油、ダマスクローズ、ブルガリアローズのアブソリュートなどがある。ダマスクローズのアブソリュートは精油の女王と言われ、感情を落ち着かせる作用があるとされる。精油、アブソリュート共に香料として多くの食品に添加される[1]。香水にも広く利用されており、ローズオットーの精油は、フローラル系に使う場合、少量でもかなりの効果が見られる[1]

水蒸気蒸留の副産物として、バラの芳香を持つ芳香蒸留水(ハイドロゾル)・ローズウォーター英語版が得られる。多くの場合、芳香蒸留水に含まれる精油も、溶剤を使って抽出される[1]

混入[編集]

1オンス(約30mL)のローズオイルを作るには、数ポンド(1ポンドは約0.45kg)の花びらが必要である[2]。生産の平均収率は抽出方法と花の種類によって幅があるが、1:1500〜1:10,000の範囲に収まる。ローズオイルは非常に高額であり、精巧な偽和の技術が確立している。精油は、主成分であるゲラニオールが多いテンジクアオイ属の通称ローズゼラニウム(和名ニオイテンジクアオイ英語版)や、パルマローザ英語版の精油の混入が頻繁に行われる。アブソリュートは合成のパルマローザ油成分や、ペルーバルサム英語版油などによる希釈が行われる。市販されるローズオイルの多くは完全な合成精油である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d マリア・リス・バルチン 著 『アロマセラピーサイエンス』 田邉和子 松村康生 監訳、フレグランスジャーナル社、2011年
  2. ^ The Chemistry of Essential Oils and Artificial Perfumes (1921)