ローズオイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローズオイル

ローズオイル(Rose oil)はローズ・オット又はローズ・アブソリュートを意味し、バラの花びらから抽出される精油のことを言う。ローズオット水蒸気蒸留によって抽出されながら、ローズ・アブソリュート溶剤又は超臨界二酸化炭素の抽出法によって得られ、ローズ・アブソリュートの方は香水の成分としてよく使用される。価格の高さと有機合成化学的な作り方の訪れと関わらず、香水の製造に一番よく使われる精油はまだローズオイルだと考えられる。

混入[編集]

1オンスのローズオイルを作るには数ポンド花びらが必要[1]。生産の平均収率は抽出方法と花の種類によって1:1500〜1:10,000異なる。ローズオイルの商品には不正直な販売業者が生産費を軽減するためにローズオイルの主成分であるゲラニオルが多いゼラニウム(Pelargonium graveolens)やパルマローザ(Cymbopogon martinii)の精油を混ぜ込めることがある。そのため、いわゆる「ローズオイル」の商品はバラの精油がその容量の一割しかない物もある。

脚注[編集]

  1. ^ The Chemistry of Essential Oils and Artificial Perfumes (1921)