ローカスト・バレー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Locust Valley
Locust Valley Station.jpg
ローカスト・バレー駅のジャマイカ行きプラットホームからオイスターベイ方面を見る(2012年6月)
基本情報
住所 ニューヨーク州ローカスト・バレー英語版
Birch Hill Road & Piping Rock Road
座標 北緯40度52分27秒 西経73度35分55秒 / 北緯40.874251度 西経73.598678度 / 40.874251; -73.598678座標: 北緯40度52分27秒 西経73度35分55秒 / 北緯40.874251度 西経73.598678度 / 40.874251; -73.598678
路線
接続 Mid-Island Taxi
ホーム数 単式ホーム2面
線路数 2
駐車場 あり。Town of Oyster Bay Residency, Off-Peak and other
駐輪場 あり。
詳細情報
開業 1869年
改築 1872年、1885年、1906年
アクセシビリティ バリアフリー・アクセス
所有 MTA
運賃区画 ゾーン7
利用状況
乗客数 (2006) 479[1]
次の停車駅
前の駅   MTA NYC logo.svg LIRR   次の駅
オイスターベイ支線
終点

ローカスト・バレー駅: Locust Valley)とはロングアイランド鉄道 (LIRR) のオイスターベイ支線である。この駅はニューヨーク州ローカスト・バレー英語版のフォレスト・アベニューの南、バーチ・ヒル・ロードとパイピング・ロック・ロードの交差点にある。

この駅ではバスアクセスは利用できない。しかし、現地のタクシーは停車する。

歴史[編集]

ローカスト・バレー駅は1869年4月19日に開業し、1889年まで同線の終点となった。その駅は1872年11月に改築され、その後1885年に改造され、そして1906年に2番目の駅がprivate location[訳語疑問点]に移転された時に再度改築された[2][3][4]ミルネック駅が1998年3月16日に閉鎖された時、ローカスト・バレー駅は同線の終端の前にある最後の駅となった。またその駅は東行きの線路上に旧式の木造の待合所を、その他に現在はその区画を割当てられた第二管区 (Second Precinct) の警官のためのナッソー郡警察署英語版のブースとして利用されているLIRRにローカスト信号扱所 (Locust Tower) として知られる信号扱所も含んでいた。

駅構造[編集]

1 オイスターベイ支線 ニューヨーク方面 グレンコーブ
2 オイスターベイ支線 オイスターベイ方面 (終点)

この駅は高床の単式ホームを2面有し、どちらも有効長は4両である。1番線に隣接する北側のプラットホームは通常西行きまたはニューヨーク行き列車が使用する。2番線に隣接する北側のプラットホームは通常東行きまたはオイスターベイ行き列車が使用する。オイスターベイ支線はこの場所では2線である。駅のすぐ西にある側線は1970年代後期までナッソー-サフォーク・ランバー (Nassau-Suffolk Lumber) が使用した。オイスターベイ支線はバーチ・ヒル・ロードの数百フィート向う側にあるローカスト信号扱所 (LOCUST interlocking)で単線となる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ローカスト・バレー駅にある旧ローカスト信号扱所 (Locust Tower)