ロ・セレイソティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロ・セレイソティア
基本情報
出生名 ロ・ソティア
出身地 カンボジアバタンバン州
ジャンル ポップスロックンロール
職業 歌手ソングライター
活動期間 1960年代–1970年代
共同作業者 シン・シサモット

ロ・セレイソティア (រស់ សេរីសុទ្ធា, Ros Sereysothea, 1948年? - 1977年?) は、1960年代から70年代カンボジアのシンガーソングライター。リズム・アンド・ブルースロックンロールによって影響の下に発展した、カンボジアのポップ・シーンの一頁として存在した。また、カンボジアの当時最高の男性歌手、シン・シサモット英語版のお得意の競演パートナーだった。クメール・ルージュ政権下の強制労働キャンプに閉じ込められている間に、死亡したと考えられている。

人物[編集]

バタンバン州でロ・ソティアとして生まれたが、家庭は貧しかったためにクメールの伝統音楽を演奏することで生計を立てていた。彼女の兄弟「セレイ」とともに歌ったデュエット「セレイ・ソティア」は非常に有名になり、首都のプノンペンに行ってクラブでの仕事を見つけた。彼女の鈴のような歌声とディーヴァ(歌姫)のような個性で、セレイを凌ぎソロの歌手となり、彼女の名前をロ・セレイソティアと改めた。

音楽シーンのリーダーとして、ポピュラーな西側のロックをクメール語の歌詞で歌った。そして、当時のノロドム・シハヌーク国王から「王都の黄金の歌声 (Preah Rheich Teany Somlang Meas)」の称号を授けられた。

この飛ぶ鳥を落とすような経歴は、1975年4月のクメール・ルージュの占領によって突然断ち切られた。プノンペンの全住民は強制移住させられ、セレイソティアはコンポンスプーの労働現場に居住させられた。経歴がクメール・ルージュの指導者に知られると、政治体制を賛美する歌を書き、歌わせられた。歌っていないときには、他の人々のように採掘灌漑溝での労働を要求された。

1977年、ポル・ポトによってその部下のうちの一人と強制的に結婚させられた。そして残忍なキリング・フィールドの体制の間に、不可解な状況の下で姿を消し、典型的に死亡したと考えられている。

遺産[編集]

クメール・ルージュによる文化的な混乱により、ロ・セレイソティアの生涯とカンボジアのロックンロール・シーンに関する資料は乏しい。しかし、多くの録音は生き残っており、カセット・テープとCDによる再発を通して、再び世に出始めた。

ソティア、シン・シサモットと他のカンボジアの歌手 (Meas Samoun, Chan Chaya, Choun Malai, Pan Ron) らの時代の歌は、マット・ディロンの映画「シティ・オブ・ゴースト」のサウンドトラックでフィーチャーされる。ソティアによるトラックは「Have You Seen My Love」、「I'm Sixteen」、「Wait Ten Months」である。

ロサンゼルスのバンドで、カンボジアのリードシンガー Chhom Nimol をフィーチャーしたデング・フィーバーは、つかの間のカンボジアのロックとロックンロール・シーンから、ソティアと他の歌手によるいくつかの曲をカバーした。

外部リンク[編集]